プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

発声障害公表の伍代夏子、半年ぶりに観客前で歌唱し号泣「2曲やっと歌えたんです」

半年ぶりに歌唱した感動を語った伍代夏子 (C)ORICON NewS inc.の画像

半年ぶりに歌唱した感動を語った伍代夏子 (C)ORICON NewS inc.

 歌手の伍代夏子(59)が9月30日、東京・tokyoarts galleryにて、初写真展『残像~アフターイメージ~』取材会を開催した。3月に喉のジストニア(けいれん性発声障害)を公表し、歌手活動を休止していた伍代だが、半年ぶりに観客を前に歌唱したと明かした。

【写真】プロ仕様のカメラを片手にポーズをとる伍代夏子

 取材会で喉のジストニアに質問が及ぶと「治ったかどうか全然わからない」と病状を説明したが、だんだん慣れてきたという。「歌えるところから歌っていこうということでお仕事再開して、昨日の第48回歌謡祭の収録で、6ヶ月ぶりにお客様の前で2曲やっと歌えたんです。だから昨日は号泣してました」としみじみ回顧した。

 続けて「毎年司会をお手伝いさせていただいているが、この病気はしゃべると切り替えて歌うのが難しい。歌えたと思って、ちょっとつなぎでしゃべると出なくなる。いいイメージに近づけながら仕事していこうと思う」と心境を吐露。「本当にチャレンジだったんですけど、うまくいったのでこれを自信に。これからは(声が)出なくなると思わずにやっていこうと思ってます」と力強く語った。

 今回の写真展は、演歌歌手として活躍し、デビュー40周年を迎える伍代にとって初となる個展。歌手活動のかたわら常にカメラを持ち歩き、野生の動植物がおりなす一瞬を撮影してきた。本展では長年撮り続けてきた作品の中から選りすぐりの作品を展示している。

 写真展は10月1~17日まで、同所で開催される。入場無料。40周年を記念し、展示している写真は40点。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ