プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『シン・仮面ライダー』庵野秀明監督が製作への思い「僕だけが楽しいものにはしたくない」

『シン・仮面ライダー』への思いを語った庵野秀明氏 (C)ORICON NewS inc.の画像

『シン・仮面ライダー』への思いを語った庵野秀明氏 (C)ORICON NewS inc.

 『シン・仮面ライダー対庵野秀明展』合同記者会見が9月30日、東京・乃木坂の国立新美術館で開催された。

【動画】サイクロン号もお披露目!池松壮亮&浜辺美波が登場『シン・仮面ライダー』記者会見の模様

 2023年3月公開予定の『シン・仮面ライダー』は、今年4月3日の『仮面ライダー』放送開始50周年記念の日に製作を発表。庵野秀明氏が脚本・監督を務める。会見では、キャストも一部解禁。本郷猛役に池松壮亮、緑川ルリ子役に浜辺美波が配役された。

 会見の最後に製作への思いを問われた庵野監督は「今朝、東映さんに新聞(広告)を見せられて怒っちゃったんですけど、僕の考えた仮面ライダーを作るような印象だったんです。僕がみたいものではなくて観客のみなさんが面白いと思ってくれる、これはいいと思ってくれる作品にしていきたい」と語る。

 自身の夢の作品ということではなく「同じころに育ってきた人たちが『こういう仮面ライダーもいいな』と思ってもらえるような作品を作っていきたい」と込める思いを熱弁。昭和、平成、令和という各世代の仮面ライダー好きがいるが、全員が「可能な限り楽しんでもらえる作品に」と力強く口にしていた。そして改めて「僕だけが楽しいものにはしたくないんです。まだ撮影はこれから。公開も1年半ぐらい先。その間に面白いものに仕上げるようにがんばりますので、よろしくお願いします」とメッセージを送っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ