プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『シン・仮面ライダー』本郷猛役の池松壮亮、早くもけがで松葉づえ「改造手術に失敗…」 庵野氏「50年前と違う本郷猛を」

早くもけがをした池松壮亮(左)と浜辺美波(中央)、庵野秀明氏(右) (C)ORICON NewS inc.の画像

早くもけがをした池松壮亮(左)と浜辺美波(中央)、庵野秀明氏(右) (C)ORICON NewS inc.

  『シン・仮面ライダー対庵野秀明展』合同記者会見が9月30日、東京・乃木坂の国立新美術館で開催された。

【動画】サイクロン号もお披露目!池松壮亮&浜辺美波が登場『シン・仮面ライダー』記者会見の模様

 2023年3月公開予定の『シン・仮面ライダー』は、今年4月3日の『仮面ライダー』放送開始50周年記念の日に製作を発表。庵野秀明氏が脚本・監督を務める。会見では、キャストも一部解禁。本郷猛役に池松壮亮、緑川ルリ子役に浜辺美波が配役された。

 冒頭のあいさつで池松は「本郷猛を演じることになりました池松壮亮です。いきなり、こんな姿でよくわからない感じだと思いますが…」と松葉づえ姿を自虐。撮影前にアクション連取を行っていた一昨日に負傷したそう。「靭帯を…。僕もよくわかっていないんですけど一週間、足をつくな、ということで。撮影には支障がない」と明かした「なんて説明したらいいか…。主人公が改造手術に、ちょっとだけ失敗したけど、撮影には支障がないと書いていただけたら」と笑わせた。

 池松は「驚きました。驚きましたし、それよりも庵野さんが『仮面ライダー』を準備していることにワクワクしました。軽々しく引き受けられるものではないな、と。これだけ素晴らしい挑戦。力を出せたらなと思っていました」と思いを語っていた。

 庵野氏は「池松くんはオーディションに来てくれてよかった。50年前の仮面ライダーとは、池松くんがやるなら違う本郷猛になってくれるんじゃないかと。僕の中では藤岡弘、さんのやる本郷猛のイメージが、ものすごく強い。これを踏襲しても自分では消化できないと思った。別のキャラクターとしての本郷猛を作らざるを得ない時に池松さんはイメージ的にいいなと思いました」と起用の理由を語っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ