プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

市川海老蔵、環境問題への“無意識”危惧 公演通じ「種をまくことが大事」

環境問題への意識について語った市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.の画像

環境問題への意識について語った市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.

 歌舞伎俳優・市川海老蔵が9月30日、都内で行われた特別公演『アース&ヒューマン』製作発表会見に出席した。

【全身ショット】ラフなファッションで登場した市川海老蔵

 本公演は、地球上の美しい自然や文化を未来の子どもたちへ引き継いでいくため、人間の暮らしの基盤となる持続可能な地球環境の実現に寄与することを目的としている。『三番叟』では五穀豊穣、『延年之舞』では、無病息災・家内安全を祈る。舞踊のみならず能の大鼓、小鼓と謡で演奏する演目や、環境問題のスペシャルトークも用意し、さまざまな角度から伝統芸能の世界を楽しむことができる。

 海老蔵は「(環境問題など)無意識であることがすごく怖いなって。みんな気づいてるけど意識できていない部分が多かったりする。炭素化の問題とか、なんとなく言葉は知ってるけど理解しているのかって言われると、意外と理解してないことが多い」と現状を憂いた。

 そのため、本公演を通じ「海老蔵っていうコンテンツが歌舞伎という舞踊をやりつつ、自然に着目しながら“気持ちの種”をまいていく。歌舞伎を観に来ることに加え、『何でなんでこの公演をしているんだろう』という種をまくことが大事じゃないのかなと思い企画した」と、狙いを明かした。

 また、家庭でも子どもたちと環境問題について話す機会も多いそうで、「今は水をペットボトルで飲むが、パパが子どものころは水道で飲んでいたんだよ。今はペットボトルで買うのは当たり前になったでしょ? でもこれは当たり前じゃない。また君たちが大人になるときには必ずまた変化が起こるから、ちゃんとアンテナを張っておいた方がいい(と伝えている)」とエピソードを披露。「無関心でないことが重要。意識を向けることが会話であるのかなと思います」と自身の考えを語った。

 10月28日の高知・弁天座を皮切りに、11月24日の東京・たましんRISURUホールまで、全国8ヶ所にて開催される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ