プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

B’z×Mr.Children夢コラボ実現 初期衝動さながらの「さまよえる蒼い弾丸」

B’zとMr.Childrenがともに2年ぶりの有観客ライブで夢のコラボレーションの画像

B’zとMr.Childrenがともに2年ぶりの有観客ライブで夢のコラボレーション

 B’zがオーガナイザーを務める初のRock Project『B’z presents UNITE #01』が、18・19日にMr.Childrenを迎えて大阪城ホールで、28・29日にGLAYを迎えて横浜アリーナで行われた。B’zの有観客ライブは2年ぶり。Mr.Children、GLAYとはライブ初共演となり、観客はマナーを守りながら盛り上がりを見せた。

【ライブ写真10点】稲葉浩志×桜井和寿、稲葉浩志×TERUの熱唱シーンも

 B’zの松本孝弘(Gt)と稲葉浩志(Vo)は「この時だからこそできることを、さらに新たな挑戦を」と模索し、「本来の姿である有観客でのライブを少しでも取り戻し、オーディエンスを前にした実践感覚を失わないように」と願い、国内の音楽シーンを牽引するバンドとともにステージに立つことで刺激しあい、団結し、さらなる音楽の高みを目指そうと、Mr.ChildrenとGLAYに共演をオファーし、ついに実現した。

 大阪公演初日、2年ぶりに有観客のステージに立った稲葉は「これまであたりまえのようにやれていたコンサートツアーが、あたりまえではないことを思い知った日々を過ごし、今、このステージに立てていることが本当に奇跡のようです。皆さんの前で音楽をやれること、その喜びをかみしめながら感謝の気持ちを込めて、最後まで思いきりやりきりたいと思います」と語った。

 Mr.Childrenにとっても有観客ライブは2年ぶり。「innocent world」から最新アルバム『SOUNDTRACKS』収録曲など全10曲を演奏した。中盤では桜井和寿が「“さあ手を繋いで 僕らの現在が途切れないように”そんな歌詞があるこの曲をお届けします」と切り出して「口笛」を披露。さらに、B’zの松本、稲葉が登場すると、1997年リリースの大ヒットシングル「Everything(It’s you)」で共演し、夢のコラボ実現に会場は熱気と興奮に包まれた。

 B’zは、このライブ『B’z presents UNITE #01』の開催直前に発表した同タイトルの新曲「UNITE」を皮切りに、「イチブトゼンブ」「兵、走る」など全12曲を披露。アンコールではステージに桜井を呼び込み、「さまよえる蒼い弾丸」で共演。バンドの初期衝動さながらの躍動感が渦巻いた。

 『B’z presents UNITE #01』の模様は、“完全版”として配信も実施。Mr.Childrenと共演した大阪公演は10月4日午後8時~10月10日午後11時59分まで、GLAYと共演した横浜公演は10月11日午後8時~10月17日午後11時59分まで各配信メディアで配信される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ