プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

横浜流星、藤井道人監督が撮ったデート動画みたいなスペシャルインタビュー

藤井道人監督『名もなき一篇・アンナ』より(本編カット)=映画製作プロジェクト『DIVOC-12』 (C)2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.の画像

藤井道人監督『名もなき一篇・アンナ』より(本編カット)=映画製作プロジェクト『DIVOC-12』 (C)2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.

 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントによる、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けているクリエイター、制作スタッフ、俳優の継続的な創作活動を支援する映画製作プロジェクト『DIVOC-12』(読み方:ディボック-トゥエルブ)(10月1日公開)。12人の監督による、12本のオリジナル作品が集まったオムニバス映画『DIVOC-12』の中から、藤井道人監督による『名もなき一篇・アンナ』で主演を務めた横浜流星のスペシャルインタビュー映像が解禁となった。

【動画】横浜流星スペシャルインタビュー

 『名もなき一篇・アンナ』は、喪失感を抱き続ける男(横浜)が時空を超える旅の中で、突然現れた女性アンナ(ロン・モンロウ)と出会い自分の運命と向き合っていく再生の物語。

 『青の帰り道』(2018年)への出演を機に絆を深めていった、横浜と藤井監督。解禁となった映像は、撮影の待ち時間に藤井監督自らがVlogカメラを回し、横浜にインタビューしたもの。美しい夕焼けに照らされながら、藤井監督から「役者として大切にしているものは?」という質問に対し、考えながらも「誰よりもその役のことを考える」と答える横浜。藤井監督も「オレから見るとやっぱり手を抜かないよね」と横浜への信頼感を改めて語っている。

 さらに、「次はどんな作品 どんな役柄に挑戦したいですか?」と横浜に質問すると、「まずはオリジナルがいいですね」と回答。観た人の心に何か残せるような作品に挑戦したいという熱い想いを語り、「そういう作品をミッチー(藤井監督)と一緒にやりたい」と笑顔で答える。二人の絆とお互いへの信頼が感じられる映像となっている。

 あす公開初日を迎える『DIVOC-12』。「COVID-19をひっくり返したい」という想いから始まった本プロジェクトは、幾度となく訪れた緊急事態宣言による撮影中止などの苦難を乗り越え、映画を創るという想いで、プロジェクトの発表から約1年の時を経て完成した。12人の監督とキャスト陣による12の物語ができるまでの軌跡を追ったドキュメンタリー映像も、ソニー・ピクチャーズ公式YouTubeチャンネルにて順次公開される。

■『DIVOC-12』主なキャスト一覧
横浜流星 / 松本穂香 小関裕太 / 富司純子 藤原季節
石橋静河 / 小野翔平 窪塚洋介 / 安藤ニコ おーちゃん / 清野菜名 高橋文哉
蒔田彩珠 中村守里 / 中村ゆり 高田万作
笠松将 / 小川紗良 横田真悠 / 前田敦子

■『DIVOC-12』参加監督一覧
藤井道人 上田慎一郎 三島有紀子 志自岐希生 林田浩川 ふくだみゆき 中元雄 山嵜晋平 齋藤栄美 廣賢一郎 エバンズ未夜子 加藤拓人

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ