プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【整形美女】自身の体験を通して起業、ミスiDに出場した女性「周りの反応が整形への後ろめたさや先入観をなくしてくれた」

川井優恵乃さんのビフォーアフター写真の画像

川井優恵乃さんのビフォーアフター写真

 自身の整形体験を元に、美容医療アプリを立ち上げた川井優恵乃さん(@__youknowme)。川井さんは美容整形をした普通の女子大生だったが、大学を休学して起業をし、投資家から資金調達をして、美容整形に関する口コミや体験談、悩みをシェアするアプリ「meily」を立ち上げた。また、2019年には「美容整形を努力だという文化を作る」という将来の夢を掲げ、ミスiDのファイナリストにも選出されている。「整形の価値観を変えていきたい」という思いで活動を続ける川井さんに、整形をしたきっかけや整形をしたことで起こった自身の変化、整形を公表した理由などについて話を聞いた。

【画像】アイプチでまぶたがかぶれても二重を作っていた学生時代からミスiDに出場した“タカラジェンヌ”のような現在まで

■整形費用のためバイトに明け暮れた大学時代「かわいい子たちと同じ土俵に上がれた」

――高校生の頃には整形を考えるようになったそうですが、整形に踏み切ったのにはどのような経緯があったのですか?

【川井優恵乃】高校時代に二重にしたくてアイプチをしていたら、糊が肌に合わなくてかぶれちゃったんです。でも、どうしても二重にしたいから、かぶれても強引にアイプチをしていて、「こんな痛い思いをするのなら、整形で二重にしたほうがいいな」って思ったのがきっかけですね。

――実際に初めて整形をした自分の顔を見たときの感想は?

【川井優恵乃】元からアイプチで二重にはしていたので、「やっと楽になった」くらいの感想でしたね。二重に変わった姿はもう知っていたから、「変わったー!」みたいな喜びはなかったかも…。

――では、家族の反応は?

【川井優恵乃】そもそも「整形する」ってずっと言い張っていたし、「自分で費用を貯める」とも母親には言っていました。それで大学生になってバイトをしてお金を貯めて整形をしたっていう感じなので、そこまで驚きはなかったです。

――整形前と整形後で、ご自身のマインドに変化はありましたか?

【川井優恵乃】二重にして変わったというより、色々と整形を重ねていくうちにどんどん変わっていった気がします。コンプレックスを解消していくことで、自分に自信が持てるようになったし、かわいいと思っていた子たちと同じ土俵に上がれたという感覚も自分の中ではありました。

――周りの友人たちは、変わっていく川井さんに対してどんな反応だったのですか?

【川井優恵乃】私はちょっとずつ整形をしていて一気に変わったわけではないので、「痩せた?」とか「なんかキレイになったね」って言われることが多かったです。当時は整形をしたことは隠していたんですが、卒業前に思い切って公表したら、意外にも普通の反応だったので、もっと前から言っておけばよかったなって思いました。整形への後ろめたさとか先入観とかもそこから持たなくなりましたね。

■悩みが解消されたことで他方面に目を向けられる充実感「自分の人生にとって一番必要だと感じる仕事に集中できている」

――これまでに10回以上の施術を重ね、総額420万円の費用がかかったとのことですが、“見た目”で一番変化を感じられた整形は何ですか?

【川井優恵乃】鼻です。特にコンプレックスはなかったんですが、美容整形の事業をやっているので、ちょっとでも良くなるのであれば体験してみようと施術を受けてみたら思ったよりも変わりました。「コンプレックスがなかったのにこんなに変わるんだ」って、すごくびっくりしました。顔の印象が大人っぽくなって、キレイ系になったのを実感しましたね。

――逆に、施術をして後悔をしている整形はありますか?

【川井優恵乃】後悔はないですけど、眉下切開をしたときに跡が少し残っちゃったんですが、それがちょっと…。そういうリスクもあるって知ったうえでやったので、仕方がないかと私は思えるんですけど、傷跡とかを気にする子だと嫌かもしれないですね。

――整形してかわいくなるという自身の目的に果たしたことで、恋愛観や人生観、仕事観にはどんな変化がありましたか?

【川井優恵乃】外見とか自分にはもうたっぷり注力したので、仕事に振り切れるようになりました。恋愛はもともとイケメン好きで、それはずっと変わらないですね(笑)。でも、整形をしたことで、イケメンと遊べる機会は増えたかもしれないです。

――仕事に振り切れるというのは、具体的にはどんなことが?

【川井優恵乃】顔でくよくよすることがなくなったんです。昔は一刻も早くコンプレックスを解消したくて、整形をするためにバイトをしてお金を貯めることに必死でしたが、今はその悩みがなくなったぶん、自分の人生にとって一番必要だと感じる仕事に集中できています。

■自身の体験から立ち上げた美容整形SNSアプリは登録者数が累計10万人突破  

――美容整形に関するアプリ「meily」を立ち上げ、2019年にはミスiDのファイナリストにも選出されました。こういったコンテストに出場し、自身の整形を公表しようと思ったのはなぜですか?

【川井優恵乃】自分自身が整形をするときに、事前に知っておきたい情報がたくさんあったので、そういったことを知ることができるサービスを作りたいと強く感じました。そして、そのサービスを広めるためには、自分自身が整形をした理由などを公表することが大切だと思ったんです。そのほうが、同じような考えを持った人や体験をした人が協力者にもなってくれるかなって。

――「meily」を運営していく中で、利用者との印象的なエピソードがあれば教えてください。

【川井優恵乃】「自分のやりたい施術ができるクリニックが見つかって感謝しています」と私に直接DMが送られてきたり、「meilyに出会えてよかったです」といったコメントをもらえたりしたのは、すごくうれしかったです。登録者も累計で10万人を突破したので、本当に有り難いです。

――整形体験をビジネスに転換し、整形で大きく人生が変わったように見えますが、整形をしたことで幸せになれましたか?

【川井優恵乃】傷跡とかがちょっとあるので、それがマイナス10点くらいですけど、でもプラスのほうが圧倒的に多いです。

――いわゆる「整形顔」は、写真では映えるかもしれないけど不自然だといった意見もありますが、そういった意見があることについてはどう感じますか?

【川井優恵乃】私も自分の顔を写真で見ると不自然だなって思うこともあるんですけど、結局は自分が納得さえしていればそれでいいのかなって思います。不自然になるくらいの変化を自分が求めているのであれば、他人にどう思われようが関係ないかなと。自分で好きな髪型を選ぶのと同じように、自分の顔のパーツをどうしようと、他人には関係ないでしょって思ってしまいます。

■有名人が整形を公表しないと“偏見”変わらない 韓国や中国と日本の整形への価値観の大きな違い

――しなくてもよい手術を薦めたり、アフターケアをしなかったりなど、きちんと患者さんに寄り添ってくれないような病院もあるようですが、そういった環境をどう変えていきたいですか?

【川井優恵乃】よりいいマッチングができるようなプラットフォームを作っていきたいというのは強く思っています。例えば、二重手術でも自然なほうが得意とか派手なほうが得意とかが事前にわかって、自分に合ったクリニックを探すことができるようなものにしたいです。

 ただ、医療行為なので失敗することもあるというのは患者さん側にも認識してほしいし、そのリスクを承知した上で手術を受けることが必要です。ドクター側も何かあった際には最後まで責任を持って、ちゃんとアフターケアをしてほしいと思います。だから、アフターケアをしてもらえるのが当たり前になっていくような環境を作っていきたいです。

――「美容整形がタブー視されない社会」のために、今後どのような活動をしていきたいですか?

【川井優恵乃】そもそも韓国や中国では、なぜ整形に寛容かというと、その国で人気のある人が整形を公表しているからなんです。でも日本ではそういうことがあまりないので、自分も隠さなきゃってなってしまう。そこが変わらない限りはちょっと厳しいかなと正直思っています。

 ただ、今の日本の若者に影響力のある人って、芸能人よりもYouTuberやインフルエンサーになってきていて、そういう人たちは整形を公表する人も増えてきています。だから、上の世代は無理かもしれませんが、若者世代の価値観は変わってくる気はしています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ