プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

鈴木亮平「アベンジャーズと肩を並べる」と歓喜 『TOKYO MER』ディズニープラスで配信決定

『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』ディズニープラスで10月27日より配信開始(C)2021 Disney and its related entities. (C)TBSの画像

『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』ディズニープラスで10月27日より配信開始(C)2021 Disney and its related entities. (C)TBS

 ディズニーがグローバルに展開する公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で初めて日本で制作されたドラマが世界配信されることになった。第1弾となる作品は、今夏話題を集めたTBS日曜劇場のドラマ『TOKYO MER 〜走る緊急救命室〜』(10月27日配信開始)。これを受け、主演を務めた鈴木亮平がコメントを寄せている。

【動画】ディズニープラス10月の配信ラインナップ

 鈴木は「『TOKYO MER 〜走る緊急救命室〜』がディズニープラスのスターで配信されると聞き、大好きな『アベンジャーズ』や『トイ・ストーリー』などの作品と並べることをとてもうれしく思っています。この作品が、今後、世界に配信されより多くの方にご覧いただけることに期待が膨らみ、ワクワクしています」とコメント。

 これまで日本のディズニープラスでは、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル・ジオグラフィックの作品を扱ってきたが、先日発表があったとおり、10月27日から新たなコンテンツブランド「スター」が追加される。

 この「スター」というのは、簡単にいえば既存のブランド以外の作品を取り扱う枠。20世紀スタジオ、ディズニー・テレビジョン・スタジオ、FXプロダクションズ、サーチライト・ピクチャーズなどの作品に、各国のローカルコンテンツも加え、1万6000を超える作品が視聴できるようになる。一方で、「スター」のくくりで日本の作品を世界へ発信していくことも可能となる。

 『TOKYO MER』を皮切りに、TBSとは今後継続的に同様の取り組みを行っていくことで合意。ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社代表取締役社長のキャロル・チョイ氏は「TBSは、これまでディズニーの映画を放送いただ くなど、我々にとって長きにわたり大切なパートナー です。その関係をさらに進化させ、TBS が生み出す優れたコンテンツを国内はもちろんのこと世界中の消費者へとお届けしていきます。今後もディズニープラスでは、 国内のクリエイターたちと協力しながら、日本のコンテンツの配信を積極的に行い、世界に日本のクリエイティブ力を発信していく役割を担っていきます」と、コメントしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ