プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

柳楽優弥×有村架純×三浦春馬『映画 太陽の子』オフィシャルフォトブック予約販売開始

『映画 太陽の子』(公開中)オフィシャルフォトブックの予約販売を開始の画像

『映画 太陽の子』(公開中)オフィシャルフォトブックの予約販売を開始

 柳楽優弥、有村架純、三浦春馬らの共演による『映画 太陽の子』(公開中)。今年8月6日に劇場公開され、それに伴い販売された公式グッズも話題となり、追加グッズとしてオフィシャルフォトブックの予約販売が、「映画 太陽の子」オフィシャルストア(east field inc.運営)にて開始された。

【動画】『映画 太陽の子』予告編

 オフィシャルフォトブックには、作品のストーリーに沿った劇中写真に加え、劇中にはない初公開ショットや映画撮影時のオフショットなどを多数収録。”劇中の世界観をさらに広げる構成”と”デザインの美しさ”にこだわり、アートディレクターに和田玲児氏を起用した全88ページとなっている。

 販売方法は、予約販売となり初回配送は10月下旬を予定。価格は5940円(税込)。

 『映画 太陽の子』は、”日本の原爆研究開発”を背景に、時代に翻弄されながらも全力で駆け抜けた若者たちの、等身大の姿を描いた青春群像劇。太平洋戦争末期に実際に海軍からの密命を受け京都帝国大学・物理学研究室が行っていた「F研究」と呼ばれる新型爆弾開発の事実に着想を得て、黒崎博監督が脚本を練り上げた。

 戦況が激化し、最終局面を迎えた1945年の夏。京都帝国大学・物理学研究室で研究に勤しむ実験好きの若き科学者・修(柳楽)。幼なじみの世津(有村)。戦地から一時帰宅した修の弟・裕之(三浦)の3人は、久しぶりの再会を喜び、ひとときの幸せな時が過ごす。そんな中、戦地で裕之が負った深い心の傷を垣間見る修と世津。一方で物理学研究の楽しさに魅了されていた修も、その裏側にある破壊の恐ろしさに葛藤するようになる。そんな二人を力強く包み込む世津はただ一人、戦争が終わった後の世界を考え始めていた。そして、運命の8月6日が訪れてしまう。

■「映画 太陽の子」オフィシャルストア
https://taiyounoko-store.jp/

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ