プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

かが屋・賀屋、紺野彩夏の肩パンシーンにデレデレ 5~6回の全力パンチも「いい思い出になりました」

紺野彩夏(左)にデレデレのかが屋・賀屋 (C)ORICON NewS inc.の画像

紺野彩夏(左)にデレデレのかが屋・賀屋 (C)ORICON NewS inc.

 女優の紺野彩夏、お笑いコンビ・かが屋の賀屋壮也が28日、都内で行われた次世代タレント×音楽をコンセプトにしたYouTubeドラマプロジェクト「PLAY DISTORTION」の第2弾『add9 Code(アドナインスコード)』の試写会イベントに登場した。

【集合ショット】紺野彩夏、曽田陵介、樋口晃平ら旬なキャストが共演

 この日は参加キャストも一緒に試写を鑑賞。コロナ渦の影響で、バイトをクビになってしまった桜井未希を務めた紺野は「自分が出てないシーンを見ずに前後の撮影をした。見て、やっと『この人は、こういうことを言っていたんだ』とつながった。演じている時は自分の軸だけでしかつながっていなかったんですけど、見たことによって全体がつながっていって面白かったです」と振り返っていた。

 ひねくれ者の映像クリエイター、柳徹役を務めた賀屋は「よかったと言ってくださって、めちゃくちゃうれしかったんですけど、みんなで見ていると初登場のところで笑い声が…。何も言わずに顔が出ただけで、ソファが揺れるぐらい笑っていた。(よかったと)本当に思ってる? あれ、と思った(笑)」とボヤき、笑わせた。

 また、賀屋は「(紺野から)肩パンされるシーンがありまして。結構強かったですね。リハーサルも含めて、5回、6回は」と明かす。ただ、直後ににやけ顔になると「わかると思いますけど、あんなの全然痛くないです。痛みではありません。痛くないです! これ以上は言いませんけど…。いい思い出になりました」とデレデレ。お酒を一緒に飲むシーンもあり、「あれもよかったですね」と幸せそうに回想していた。

 イベントには、曽田陵介、樋口晃平、ゆなも参加した。

 物語は、コロナ渦の影響で、バイトをクビになってしまった桜井未希(紺野)。未希は、ネットの書き込みから、ボカロプロデューサー・ゴトリューこと後藤竜(曽田)と出会い、アシスタントとして働くことになる。変わり者のゴトリューに振り回される未希だったが、ミュージックビデオ制作のために仲間を集め始める。そこに集まったのは、それぞれ違う悩みを抱えた、4人だった。共に活動をしていくことで、それぞれの悩みが紐解かれていき、やがて本物の”仲間”として、音楽制作を進めていく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ