プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ジェニファー・ハドソン主演、ソウルの女王アレサ・フランクリン伝記映画『リスペクト』予告編

ジェニファー・ハドソンが熱演、熱唱。アレサ・フランクリンの伝記映画『リスペクト』(11月5日公開) (C) 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.の画像

ジェニファー・ハドソンが熱演、熱唱。アレサ・フランクリンの伝記映画『リスペクト』(11月5日公開) (C) 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

 ソウルの女王アレサ・フランクリンの伝記映画『リスペクト』(11月5日公開)の予告編が解禁となった。本作でアレサを演じるのは、映画デビュー作『ドリームガールズ』(2006年)でアカデミー賞助演女優賞受賞という快挙を成し遂げ、歌手としてもグラミー賞を制したジェニファー・ハドソン。その圧倒的な歌声と演技力でアレサの半生を再現した。

【動画】映画『リスペクト』予告編

 今回の映画化にあたっては、アレサ本人が生前にジェニファーを指名。『ドリームガールズ』でジェニファーがオスカーを手にした直後から、長期間にわたりプロジェクトは進められてきた。

 解禁された予告映像は、10歳にして天才的な歌声を持つ主人公アレサに、父親(フォレスト・ウィテカー)が「お前は天才歌手になる」と期待をこめた言葉をかける場面からスタート。アレサの才能は周囲の大人たちにも知れ渡り、彼女には明るい未来が待っていると思われた。

 しかし、成長したアレサを待ち受けていたのは、ヒット曲に恵まれない日々や、信頼していた父からの激しい束縛、そして愛する夫からの心無い扱いだった。自由を奪われ自分を見失いつつあったアレサを見て、彼女が尊敬して止まない歌手ダイアナ・ワシントンが声をかける――「あんたの歌を見つけなさい」と。

 自分自身の声に耳を傾け、初めて自分自身の想いを歌い始めたアレサは、自分を抑えつけるものに立ち向かう決心をする。映像の中盤、「私には、歌いたいことがある」と力強く訴えるアレサの姿に、もう恐れはなかった。“リスペクト”を取り戻し、「誰もがもっと自分らしく」という“心の叫び”を解放した彼女の歌声は、同じく不当な扱いを受けている世界中の人々の心を震わせていく。そんな「ソウルの女王」誕生の瞬間が垣間見える映像となっている。

 さらに、ジェニファーが歌う「シンク」や「リスペクト」、「ナチュラル・ウーマン」といったアレサの名曲たちにも注目。アレサ・フランクリン直々にオファーを受けたジェニファーは、自分自身の声とアレサの声の比較、また、年代ごとのアレサの声を研究し、少しでも憧れのアレサに近づけるよう徹底した役作りを行った。ジェニファーのソウルフルな歌声は圧巻。ぜひ映画館で、本編を余すことなく堪能したい。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ