プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

笹川友里、生島ヒロシと爆笑対談 “波瀾万丈”な経歴明かす

(左から)生島ヒロシ、笹川友里の画像

(左から)生島ヒロシ、笹川友里

 パーソナリティーの生島ヒロシ(70)が学長をつとめる『第1回生島アカデミー』が27日、オンラインで開催され、ADからTBSの局アナになったというユニークな経歴を持つ笹川友里(31)がゲスト出演した。

【写真】“生島企画室”軍団が集結!

 笹川は今年2月に退社し、現在はフェンシングの銀メダリストでIOC委員をつとめる夫の太田雄貴氏(35)を支えながら「setten株式会社」の代表取締役として活躍中だ。

 「ノーオ」「ニャーオ」と先ずは発声練習からスタート。笹川は日本女子大卒業時にTBSとフジ、テレ朝、テレ東のアナウンス試験を受け、テレ朝以外は最終面接まで行ったものの内定は出ず。それならばと、総合職で受験し直しTBSに入った。

 「最初は『王様のブランチ』でカンペをめくったり、谷原章介さんにお茶をいれていました」。AD時代を懐かしむ笹川は1年後に人事異動で、晴れてアナウンス室へ。3ヶ月の「一人研修」を受けたが、実は生島も同じだった。「アメリカから帰ってすぐの採用で、同期は4月入社でしたが、ボクは1月に入り研修を受けました」と話す生島に対し、笹川は「ADを経験したお陰で、5秒だけのVTRにもいかに沢山の人が関わっているかが分かって良かった」と“裏方”で培った経験を語った。そのほか、入社試験の際の心構えや傾向と対策、さらには特技の「ナマズのものまね」や「学生時代は時給が良かったので、有楽町のビックカメラでバイトしていました」といった裏ネタを披露するなど大爆笑の対談となった。

 「面接のコツは目を輝かせて話すこと。アナウンサーは、文化祭の前夜祭と同じです。やりたいことは口に出した方がいい」と学生たちにコツを伝授する笹川。生島は「笹川さんの波瀾万丈のお話、大変、参考になりました。菅義偉総理にもラブコールを送っていますが、返事は来ていません」と笑顔で語っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ