プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“伝説のドラマ”『池袋ウエストゲートパーク』Blu-ray化 連ドラ&SP版&未公開シーンの完全版

『池袋ウエストゲートパーク Blu-ray COMPLETE BOX』発売決定(C)TBS (C)石田衣良/文藝春秋の画像

『池袋ウエストゲートパーク Blu-ray COMPLETE BOX』発売決定(C)TBS (C)石田衣良/文藝春秋

 2000年にTBSで放送され、若者からカリスマ的な人気を集めた伝説のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』が、11月26日にBlu-rayボックスで発売されることが決定した。テレビシリーズはもちろん、2003年に放送されたスペシャル版『スープの回』も放送時の未公開シーンやキャストインタビューを追加した“完全版”となる。

【ジャケット写真】スペシャルドラマも収録した完全版!Blu-rayBOXのジャケット

 同作には元TOKIOの長瀬智也をはじめ、窪塚洋介、加藤あい、山下智久、妻夫木聡、坂口憲二、佐藤隆太、高橋一生、酒井若菜、阿部サダヲら人気俳優たちが多数出演。さらに渡辺謙、森下愛子、遠藤憲一らベテラン勢も脇を固めていた。

 脚本を担当した宮藤官九郎は「放送された2000年。TBSから毎週届く完パケはDVD すらなくビデオテープでした。ギリ20代だった僕は、ナイフほどじゃないけどボールペンの先っちょ程度には尖っていて、若気が至りまくっていて、今観ると目に耳に痛い部分もあるのですが」と当時を振り返る。「今でも、週2人くらいに『自分、IWGP世代なんで』と言われます。だいたい茶髪で眉が細くてピアスと指輪とタトゥーで情報過多な30代半ばの男性。なんだか申し訳ない気分になります」と20年以上前のドラマが今も反響があることを明かす。

 磯山晶プロデューサーはBlu-ray化に喜びながらも、「このドラマは今でこそ『たくさんのスターを生んだレジェンド的な作品』と言っていただくことが多いですが、放送当時は視聴者からの抗議の電話が鳴りやまない、区役所にも警察署にも怒られ続けた『問題作』なのです。当時を思い出すと『もう二度と作れない!』としみじみ思います」と当時のエピソードを紹介。「いろいろな意味で奇跡の作品です。存分に楽しんでください!」と呼びかけた。

●『池袋ウエストゲートパーク』ストーリー
池袋・西口公園。そにはいくつもの誘惑、欲望、そして危険が渦巻いている。今も伝言ダイヤルで知り合った女をホテルに連れ込み、薬で意識を失わせ殺害するというストラングラー事件が続発。警察も捜査に乗り出している。
マコト(長瀬智也)はそんな池袋に生活する20歳。幼なじみのマサ(佐藤隆太)と賭けボーリングで小銭を稼いでいる。そんなマコトの前に、池袋を縄張りとするグループ「Gボーイズ」のリーダー格、タカシ(窪塚洋介)が現れる。タカシはマコトの高校時代からの親友で、ドーベルマン山井(坂口憲二)と決闘するから立ち会ってほしいという。マコトは「店番をしろ」という母・リツコ(森下愛子)を振り切り、決闘の場へ向かう。かつてはドーベルマンと決闘したことで知られる大男の山井も、タカシの敵ではなかった。勝負はあっけなくタカシに軍配が上がり、山井は以後、「G ボーイズ」の使い走りをさせられることになった。
ある日、マコトとマサは画集を万引きしているシュン(山下智久)を見付ける。万引きの件でシュンから金を取ろうとするマコトたちだが、シュンの不思議な感性に気付き、次第に行動を共にするようになる。そんな三人はヒカル(加藤あい)とリカ(酒井若菜)と出会い、五人はいつしか遊び仲間になっていく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ