プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【おかえりモネ】“名物課長”山寺宏一が登場 百音にとって心強い存在に

『おかえりモネ』第97回より(C)NHKの画像

『おかえりモネ』第97回より(C)NHK

 女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。あす28日放送の第97回では、声優の山寺宏一が登場する。

【場面写真】百音を笑顔で見送る菜津さん

 『半分、青い。』『なつぞら』に続き、3度目の朝ドラ出演となる山寺が演じるのは、気仙沼市役所の名物課長・遠藤克敏。悠人(高田彪我)の上司で観光課と、住民のさまざまな要望に応える「はまらいん課」の課長を兼任しており、気象予報で地域に貢献しようと奮闘する百音(清原)にとっても心強い存在となる。震災直後に災害FMを立ち上げ、今も時々パーソナリティーを務めるという役柄だ。

 出演にあたり山寺は「心のどこかで、いつかきっと宮城県舞台の朝ドラがあるのでは…と期待していたので、出演のオファーいただいたときは『待ってました!』とあまりの嬉しさに飛び上がりました。しかも、気仙沼のことを心から愛している遠藤課長というキャラクターを演じることに。気仙沼編も絶対に面白いです!さわやかな感動をお届けすることお約束いたしますので、ぜひ楽しんでください!」と出身県の宮城を舞台とした作品への出演に喜びのコメントを寄せていた。

 第20週(27日~10月1日)のタイトルは「気象予報士に何ができる?」。あす放送の第97回では、気仙沼に戻った百音は、早速売り込みに出かけて行く。市役所で働く悠人(高田彪我)に、観光課課長の遠藤(山寺)を紹介してもらい「けあらし観光ツアー」を提案するが…反応はいまひとつ。

 そのとき、ラジオから機械音の天気予報が流れてくる。その正体はAIアナウンサーだった。AIが、気象台から出す情報を勝手に取得して、コミュニティFMで流しているのだという。百音は遠藤にある提案をする。その提案とは?

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ