プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

飯窪春菜、神は道重さゆみと明石家さんま「優しさの塊」 ラジオでの細かな心配りに感謝

DDTプロレスリング『終末のワルキューレ コラボマッチ~神vs人類~8人タッグマッチ』に登場した飯窪春菜 (C)ORICON NewS inc.の画像

DDTプロレスリング『終末のワルキューレ コラボマッチ~神vs人類~8人タッグマッチ』に登場した飯窪春菜 (C)ORICON NewS inc.

 元モーニング娘。の飯窪春菜、元プロレスラーの長州力が26日、東京・水道橋の後楽園ホールで行われたDDTプロレスリング『終末のワルキューレ コラボマッチ~神vs人類~8人タッグマッチ』に登場した。

【写真】長州力、関本大介も登壇&イベントの模様

 作品にかけ、“神”は誰か問われると「私の周りは神様がいっぱい。モーニング娘。に入るきっかけは道重さゆみさんが好きだった。神様。あとはラジオを一緒にやっている(明石家)さんまさん」と挙げる。

 道重については「仕事のあり方、メンバーとしての過ごし方を、すごく教わった」と振り返る。「道重さんのお仕事に対する意識を背中を見て学ばせていただいた」と偉大な先輩への思いを口にした。

 一方のさんまの理由は「優しさの塊。ずっと、しゃべっていらっしゃって、ラジオの前室でもコミュニケーションを取ってくださる。誕生日プレゼントをお渡しすると、洋服だったらすぐに見に着けて自撮りの写真を送ってくださったり…。細かな気遣いをしてくれる」と感謝。「お笑い怪獣と日本中に知られているさんまさんが一人ひとりに優しい。本当に神様だと思います」と人柄を語っていた。

 全世界の神代表vs人類代表による、人類存亡をかけた一対一<タイマン>13番勝負を繰り広げる人気漫画『終末のワルキューレ』の舞台化『「終末のワルキューレ」~The STAGE of Ragnarok~』(11月27日~12月5日、東京・こくみん共済coop ホール/スペース・ゼロ)。飯窪は、半神半人の戦乙女の一人、ブリュンヒルデとして主演する。この日は、<神>関本“ゼウス”大介&樋口“ベルゼブブ”和貞&納谷“スサノヲノミコト”幸男&“アポロン”彰人と勝俣瞬馬&<人類>上野勇希&MAO&中村圭吾の試合に人類のセコンドとしてブリュンヒルデは登場。試合は人類が奮戦するも、神に蹂躙されていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ