プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

片桐はいり、連ドラ初主演も驕りなし「上り詰めた気持ちない」 スタッフ全員の「名前を覚えた」とも

『東京放置食堂』の場面カット (C)「東京放置食堂」製作委員会の画像

『東京放置食堂』の場面カット (C)「東京放置食堂」製作委員会

 女優の片桐はいりが主演を務める、テレビ東京の水ドラ25枠ドラマ『東京放置食堂』(毎週水曜 深1:10)。“名バイプレーヤー”として数多くの作品で独特の存在感を発揮してきた片桐だが、意外にも連続ドラマで主演を飾るのは今作が初だという。

【写真】桜井玲香、竹中直人、前田敦子ら豪華ゲスト陣

 このほど応じたリモート取材では「最初は主演と聞いて何かの間違いかなと思いました(笑)。50代の人がメインで活躍する仕事ってそんなにいただけるものじゃないと思ってます」と語りつつ、「上り詰めたという気持ちはないですね」と、決して驕ることなく前を向いた。

 ドラマの舞台となる「大島」は、東京から120キロも離れた太平洋に浮かぶ島で、東京都内にある別名「東京アイランド」。都内とは思えないほど、大自然に溢れ、街の喧騒から放置された時間の流れを忘れられる場所だからこそ育まれる魅力的な人間模様・島グルメが本作では色濃く描かれる。

 主人公・真野日出子(片桐)は、東京生まれ・東京育ちで、数多くの被告人を裁き、更生させてきた曲がったことが大嫌いな初志貫徹の元裁判官。これまで、裁判官として幾度なくキャリアを重ねてきた彼女だが、人を裁くことに疲れてしまい、退官を決意し、あることをきっかけに大島へ。その場所で、祖父から受け継いだ「風待屋」を一人で営む寡黙な若い店主・小宮山渚と大島名物の“くさや”との出会いが、彼女の第二の物語の扉を開ける。

 印象的なシーンとして「第1話の初日の撮影の時にゲストの近藤公園さんに『部下の誕生日や好きなことを分かってるの?』と説教するシーンがあるんですが…」と切り出した片桐。その芝居を通して「あれ、私はスタッフの皆さんのことを理解できてるかな?」と自問自答したといい「次の日からスタッフの皆さん全員の名前を覚えました」と笑いながら明かす。

 続けて「セリフを覚えるよりも大変でしたね(笑)」とほほ笑みながら「個人としてもちゃんと関わり合えるよう心掛けました。でもそれは気を使うというより、単純にその方が私が楽しく現場にいられる。それだけのことです」。“片桐流”の座長ぶりが垣間見える一幕だった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ