プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

池松壮亮、若いつくり手たちに「刺激を受けた」 「PFFアワード2021」受賞結果

審査員を務めた俳優の池松壮亮(右)とグランプリを受賞した『ばちらぬん』東盛あいか監督=第43回ぴあフィルムフェスティバル2021「PFFアワード2021」の画像

審査員を務めた俳優の池松壮亮(右)とグランプリを受賞した『ばちらぬん』東盛あいか監督=第43回ぴあフィルムフェスティバル2021「PFFアワード2021」

 俳優の池松壮亮が24日、都内で開催された「第43回ぴあフィルムフェスティバル2021」自主映画コンペティション「PFFアワード2021」の表彰式に出席し、未来への希望を語った。今回は、489本の応募作品の中から一次審査、二次審査を経て18作品が入選した。

【画像】表彰式の写真や入選作品のサムネイル

 同コンペの最終審査員として名を連ね、表彰式ではグランプリのプレゼンターを務めた池松は、総評を述べる中で、「コロナ禍で大変な状況、不確かな時代にみんなが不安を抱え、私たちの未来はお先真っ暗だとも言われています。でも、そんなもん知るか!です」と言い放ち、「心の奥底の声に忠実に、自分と対峙する世の中に向き合って、自分自身のクリエイティビティを探究しながら、映画を共に分かちあっていけたら」と、素直な思いを語った。

 「映像に残そうとする、自分の内外にあるものを切り取ろうとする気迫にとても刺激を受けた」といい、グランプリ受賞作『ばちらぬん』(監督:東盛あいか)に対しては「素晴らしい映画に出会えた!と思っています」と称賛。「言葉にならないことを何とか映像で掴み取ろうとしている強い意志を感じ、この映画の強い精神と技術的なバランスに、とても感銘を受けました」とコメントした。

 また、「審査員として優劣を付けてしまいましたが、映画に対する愛情を共有している、という一点においては全く優劣はなく素晴らしいものばかりでした」と、応募したすべてのつくり手たちに敬意を表していた。

 最終審査を担当したのは、池松のほかに、高田亮(脚本家)、岨手由貴子(映画監督)、柴崎友香(作家)、今泉力哉(映画監督)。

■受賞結果

★グランプリ:『ばちらぬん』(上映時間:61分)

 与那国の持つ記憶や文化を、個人の経験に重ねた実験作。与那国に積み重ねられた歴史や文化と、今そこにいない監督自身の物語。大きな時間に個人の経験を重ねることで、そこにいた人々の人生も想像させる。フィクションやドキュメンタリーの枠を超えた、土地と人々の物語。

監督:東盛あいか
 1997年生まれ、沖縄県出身。地元の与那国島には映画館もレンタルビデオ屋がなく、進学した石垣島の高校時代にレンタルDVDで映画を観始める。京都芸術大学で多方面から映画について学び、現在は俳優事務所に所属。   

【受賞コメント】
 「ばちらぬん」という言葉は、私の地元である日本の最西端の小さな島の言語で「忘れない」という意味があります。この映画のことを皆さんに呼んでもらうたびにとてもうれしく、「忘れない」という思いを少しずつ未来に運んでいけるのではと強く思いました。本来なら島でオールロケをして、全てフィクションで撮る予定でしたが、コロナの影響で変更せざるを得なくなりました。悩みましたが、「つながりたい」という思いが強く、映画なら実現できるのではないかと思いドキュメンタリー+ドラマという形に挑みました。『ばちらぬん』を一緒に作ってくれたみんな、島にいるみんなに早く受賞を伝えたいです。

★準グランプリ:『グッバイ!』(映時間:31分)

 今の私しか撮れない、手探りのセルフドキュメンタリー。一緒に暮らす母親、離れて暮らす父や兄姉との関係。就職や上京といっためまぐるしい変化の時期に、自らカメラを持って今見ている世界と向き合ってゆく。グッバイの先の未来へ向かってゆく彼女を応援したくなる!

監督:中塚風花
 2000年生まれ、滋賀県出身。ビジュアルアーツ専門学校 大阪に入学し、撮る側になったことで、改めて映画の魅力に気付く。同校の卒業制作として本作を制作。現在はテレビ番組のADとして、忙しい毎日を送っている。

【受賞コメント】
 賞をとれるとは思っていなくて、うれしいです。この映画に関わってくださったわたしの恩師、植松真人先生(ビジュアルアーツ専門学校/大阪)にとても感謝しています。この場をお借りしてお礼を言わせてください。今後もいい作品を撮れるよう精進します。

★審査員特別賞(※作品名50音順)
『Journey to the母性の目覚め』 監督:岡田詩歌(25歳/東京都出身/上映時間:5分) 
『転回』 監督:岩崎敢志(※崎はたつさき)(24歳/愛知県出身/上映時間:14分) 
★『豚とふたりのコインランドリー』 監督:蘇ゆ淳(すゆちゅん)(26歳/台湾出身/上映時間:22分) 

★エンタテインメント賞(ホリプロ賞):
『愛ちゃん物語』 監督:大野キャンディス真奈(22歳/千葉県出身/上映時間:91分)

★映画ファン賞(ぴあニスト賞):
『愛ちゃん物語』 監督:大野キャンディス真奈

★観客賞:
『距(へだ)ててて』監督:加藤紗希(31歳/愛知県出身/上映時間:78分)

■「PFFアワード2021」入選全18作品を10月31日(土)まで限定配信中
DOKUSO映画館
https://filmfestival.dokuso.co.jp/festival/detail/99
※18作品見放題パックあり

U-NEXT
https://video.unext.jp/browse/feature/FET0010145?nfignore=1&rid=OF00277
※U-NEXTポイントで視聴可

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ