プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

山崎育三郎、素顔は“体育会系”で笑いに貪欲 MC相方・井桁弘恵にも頼れるお兄さんぶり発揮

新番組『おしゃれクリップ』でMCを務める山崎育三郎、井桁弘恵 (C)日本テレビの画像

新番組『おしゃれクリップ』でMCを務める山崎育三郎、井桁弘恵 (C)日本テレビ

 俳優の山崎育三郎と女優の井桁弘恵が、10月10日からスタートする日本テレビ系トークバラエティー『おしゃれクリップ』(毎週日曜 後10:00)の囲み取材に参加した。MCのコンビとしてすでに打ち合わせなどを終え、新番組始動に向け気合十分の二人。お互いを“育さん”“いげちゃん”と呼び合うなど交流を深めており、山崎が井桁に対して頼れるお兄さんぶりを発揮する場面も。伝統ある“おしゃれシリーズ”を受け継ぐ現在の心境と、テーマでもある“ワタシの中のもうひとりのワタシ”についても聞いた。

【動画】野球場で「誰が為」を熱唱する新曲MV

 まず、オファーを受けた心境について山崎は「始めは正直驚きました。歴史ある、古舘(伊知郎)さんや上田(晋也)さんがやられてきた番組なので、自分にできるのか、というのはありました。もちろん同じようにはできないので、僕らの『おしゃれクリップ』というものを作っていくべきですし、自分たちらしい番組にしていこうと思いました」と背筋が伸びる想いを明かす。

 一方で、「山崎さんがMCをされる『おしゃれクリップ』という番組が始まるニュースを見て、もうひとりのMCは誰になるんだろうとワクワクしていたので、まさか自分とは想像していませんでした。うれしいのと『ええ!』という感じで、口があいちゃった」と半信半疑だったという井桁も「貴重な機会をいただいたので、悔いがないように自分の出せる力を全て出して、番組が少しでもよくなるほうに頑張れたらと思います」と意気込む。

 同番組はゲスト自身が、自身の『おしゃれ』をプロデュース。普段のイメージとは違う服・メガネ・メイク・髪型…など、やってみたい「おしゃれ」をきっかけに、個性・スタイル・こだわり・憧れなど、それぞれのゲストが胸に秘めている『私の中の、もうひとりのワタシ』を最大限に引き出していく。番組の最後にはその回のゲストらしいおしゃれな姿を写真撮影。ゲストそれぞれの『もうひとりのワタシ』をクリップしていく。

 互いの印象について山崎は「しっかりもので知識もある方。シミュレーションで実際にお話をうかがう姿も拝見しましたが、自分の意見も伝えてくれますし、楽しく一緒にできそう。これをきっかけに、いげちゃんがさらにブレイクするのをも見届けたい。彼女の魅力もゲストとともに伝えていきたいです」と信頼と同時にバックアップも約束。

井桁は「本当に包容力のかたまりのような優しい方。きょうシミュレーションさせていただいたとき、優しい空気に包まれ、あったかく誰も傷つかない、すてきな番組になるのでは(と感じた)。一緒にゲストを“好き”で包み込めるような、あったかい気持ちになれる番組にできたらいいなと思います」と展望した。

 番組テーマは『もうひとりのワタシ』。知られざる自身の素顔について聞くと山崎は「ミュージカルで『プリンス』と呼ばれることがあって中性的なイメージを持たれる事が多いのですが、実はすごく体育会系。ずっと野球をやっていて男のなかで生きてきました。男4人兄弟で喧嘩ばかりして育ってきたので、すっごく男臭いかもしれないです」と柔和な印象とは違った一面を持っているそう。

 「だから、いつももうひとりの自分が『いっちゃえよ。なにビビってるんだ』みたいな(笑)。どなたがいらしてもグイグイ、躊躇(ちゅうちょ)せずいける自信はあります」と番組を通して新たな顔を見せてくれそう。「私は逆でしっかりしてると言われるんですけど末っ子で、フニャフニャしてる。親戚でも一番下でスイッチがオフになると結構フニャフニャです」と笑う井桁に、山崎が「そういうのも出したらかわいらしいと思う」とアドバイスを送っていた。

 山崎といえば先月放送の『FNS ラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』で、どぶろっくの歌ネタを全力で披露して話題に。「与えられた場所で本気でやること。もうひとりの俺が『いけ』って言うんです、中途半端にやると笑いは起きない」と何事にもまっすぐに取り組む姿も印象的だ。

 「僕が、一番好きで一番時間をかけてきたと言っても過言ではないものは実は、お笑い。子どものときからずっとお笑いをみていたのでお笑い芸人さんを尊敬します。笑いを生むのは難しい。僕は舞台で育ち、お客様がいるなかでやってきたので、観てくださる方への意識が強い。だから視聴者の方に、どういう風におもしろがってもらえるかはいつも考えています。視聴者の方のことをずっと忘れないでいきたいです」と徹底したプロ意識ものぞかせた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ