プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

鈴村健一『AD-LIVE』ダークホースに期待 畠中祐×八代拓の芝居力 榎木淳弥×森久保祥太郎は危険!? 【埼玉公演】

「AD-LIVE 2021」埼玉公演に出演する畠中祐×八代拓、榎木淳弥×森久保祥太郎の画像

「AD-LIVE 2021」埼玉公演に出演する畠中祐×八代拓、榎木淳弥×森久保祥太郎

 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』『銀魂』などの人気アニメに出演し、櫻井孝宏や東山奈央などが所属する事務所の代表も務めている声優・鈴村健一(46)。そんな彼が主宰・総合プロデューサーを務め、人気声優たちが出演する即興舞台劇『AD-LIVE』(アドリブ)が今年も開催される。埼玉公演の9月25日は畠中祐・八代拓、9月26日は榎木淳弥・森久保祥太郎が出演するが、このキャスティングの狙いと裏側を聞いてみた。

【画像】榎木淳弥、森久保祥太郎…イケメン声優がドヤ顔!公開されたポスター写真

■畠中祐の印象は「ふにゃふにゃ」 “森久保祥太郎役”をやりきった八代拓に驚き

 『AD-LIVE』は、大まかな世界観と舞台上で起こるいくつかの出来事が決められているだけで、出演者のキャラクター(役)、セリフは全てアドリブで紡がれる。何が生まれるのかわからない要素と、あらかじめ決まっているいくつかの出来事の化学反応により、その日その瞬間、その場だけの感動と衝撃のドラマが生まれることが、ファンの間で人気となっている。

――埼玉公演初日は畠中祐さん、八代拓さんとフレッシュなコンビが出演します。若さの勢いで盛り上げる予感がします。

【鈴村】 去年、八代君に出演してもらったのですが、お芝居がすばらしかったです。また、出演してもらいたい思いでオファーを出しました。ブックレットのインタビューで「今度コンビを組みたい人は?」という質問に対して、「同世代とやりたいです!」と言っていたので、その願いを叶えてあげました(笑)。

 八代君と同世代の子を探していた時に、畠中君を思い浮かべました。畠中君は芝居に真摯で、とても面白い子なので、ずっと『AD-LIVE』に出てもらいたいと思っていました。彼はなんというのかな…心のままにお芝居をする素直な印象があります。そんな役者は即興劇でも真っすぐにお芝居をしてくれると思いました。即興劇は事前にいろいろと策を練ってしまうと、その設定に溺れてしまうことが多々あるので、即興劇は起きたことに対して素直に対応することが一番シンプルで面白いのです。畠中君は普段、ふにゃふにゃしている印象ですが、お芝居に集中している姿は別人です。そんな彼が即興劇をやったら、どうなるのか? とても興味があり声をかけました。

 もちろん、八代君も負けておりません。昨年は“森久保祥太郎役”をやりましたから(笑)。本人を前にモノマネでもあり、役でもあるので気が抜けないはずなのに、やりきりました。「よく、やれるな…」と僕は怖くてできませんね(苦笑)。舞台のストーリーを壊さず成立させたことは、すごいことなので、この2人の舞台は良いドラマを作ると思います。

■ダークホースは榎木淳弥「クラゲみたい」 森久保祥太郎との化学変化は“危険”

――2日目の公演は榎木淳弥さんと森久保祥太郎さんが出演します。勢いある榎木さんと、『AD-LIVE』でおなじみの森久保さんの先輩・後輩コンビとなりました。

【鈴村】 この2人は私の興味の塊です! 榎木君というのは…ふふふ、本当に面白い子で…(笑)。最近、仕事が一緒になったり、僕の番組にもゲスト出演してくれたりと話す機会が多いのですが、…ストレートに言うと「大丈夫かな?」と思うくらいボヤっとしているんです(ニヤニヤ)。業界に長くいる僕ですが、肩の力が抜けすぎている彼は驚きの存在で、クラゲみたい。癒される方もいれば、「フワフワし過ぎじゃない?」と心配になるのです。

 ただ、お芝居の話をすると熱いものを持っているので惹かれてしまうのです。考えてなさそうで考えていたり、考えてそうで「それは考えてないのか!」とツッコミを入れたい瞬間があるので、そのキャッチの仕方が独特。そんな彼に即興劇をやらせたらどうなるのか? 私の興味からオファーを出しました。今回の『AD-LIVE』出演者はみなさんすごいですけど、舞台上で何をするか想像ができない“ダークホース”です。出演を決めた今でも、「大丈夫かな?」と少し思っている自分がいます(笑)。

――鈴村さんにそこまで言わせた榎木さんとコンビを組むのは森久保さんです。顔合わせはしているそうですが、その時の印象はどうでしたか?

【鈴村】 榎木君に先日、舞台の説明をした時、すごく真剣に聞いてくれていたので、ある程度は大丈夫だと思ったのですが、それを見ていた森久保君が「榎木君、舞台のことわかっている?」と聞いたら、榎木君は「あんまりわかっていないです」と(笑)。そして、まさかの森久保君も「俺も!」と返事していて、「このコンビは大丈夫か?」と。危険なコンビが誕生したのかもしれません。まあそんなこと言ってバッチリ決めてくると思いますが(笑)榎木君がどんなお芝居をしても森久保君がすべて受け止めてくれます、きっと。でも彼も攻めたいタイプなので、当日はその葛藤、駆け引きが見どころだと思います。

■『AD-LIVE 2021』公演概要

 今年のテーマは「if~建前と本音~」。「もし、あのときの選択が違ったら人生はどうなっただろう…」。そんな誰もが思い描く「if」の世界を二幕構成で展開する。物語は一幕、二幕ともに同じ設定で展開されるが、キャストは一幕では「建前」を、そして二幕では「本音」を演じる。

 ユメノスケ役のCVを鈴村が務めるほか、埼玉公演(三郷市文化会館)の9月25日は畠中祐、八代拓、9月26日は榎木淳弥、森久保祥太郎、大阪公演(メルパルク大阪)の10月9日は下野紘、前野智昭、10月10日は蒼井翔太、安元洋貴が出演。チケット価格は全席指定7500円、全国の劇場でライブ・ビューイング、各配信サイトでのライブ配信も実施する。(※東京公演はすでに終了)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ