プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

若林正恭、“NFLのレジェンド”ブレイディに刺激受ける「まだまだ徹夜で漫才作らないと」

23日深夜放送の『オードリーのNFL倶楽部』の模様の画像

23日深夜放送の『オードリーのNFL倶楽部』の模様

 お笑いコンビ・オードリー(若林正恭、春日俊彰)が司会を務める日本テレビ系『オードリーのNFL倶楽部』が、23日深夜に放送(深2:35)。20日に43歳の誕生日をむかえたばかりの若林は、NFLのレジェンドであるタンパベイ・バッカニアーズのトム・ブレイディ(44)が50歳まで現役を続けることをほのめかしたことを知り、同世代の自分を奮い立たせた。

【写真】オードリーと小高アナが「トゥース!」

 ブレイディは、今なお現役バリバリで活躍し、これまで打ち立てた記録は数知れず。そんな超がつくほどのスーパースターがアラフィフまでの現役続行を示唆したことを受け、若林は「ブレイディが頑張っていると言い訳できないよね。まだまだ徹夜で漫才を作らないとダメだな」としみじみ話した。

 アシスタントを務める、日本テレビ入社1年目の小高茉緒(おだか・まお)アナウンサーに、若林が新たなあだ名を与える一幕も。若林がNFLならではのスーパープレーや戦術を独自の視点で読み解くコーナー「若林のググっと熱視線」で、コメントを求められた春日は「あっぱれ!」の一言。若林がプレーの解説した後、話を振られた小高アナも「あっぱれ!」と、春日のコメントにかぶせる“天丼”を披露した。

 この一連のやり取りに、若林が「日テレ女子アナ界の春日ですね」とニックネームをつけると、小高アナは「ありがとうございます!」と笑顔で答えていた。番組の模様は「TVer」で見逃し配信スタート。1週間視聴可能で、毎週金曜の午後3時に最新話に更新される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ