プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【ガルプラ】坂本舞白が“盟友”ITZY曲で圧巻の勝利 次回脱落者発表54人→27人に

JYP練習生時代にともにデビューを目指した仲間・ITZYの曲で勝利した坂本舞白(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reservedの画像

JYP練習生時代にともにデビューを目指した仲間・ITZYの曲で勝利した坂本舞白(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

 グローバルガールズグループデビュープロジェクト『Girls Planet 999:少女祭典』(通称ガルプラ/毎週金曜 後8:20 日本語字幕付き)の第7話がABEMAで17日に放送され、日本人参加者・坂本舞白がリーダーを務めるチームが2連勝を飾った。次回24日放送の第8話では、半数にあたる27人の脱落者が発表される。

【写真】坂本舞白がキリングパートに初挑戦 大人の魅力全開のパフォーマンス

 第7話では、99人の中から勝ち残った54人(日本、韓国、中国各18人)が挑む2つ目のミッション「コンビネーションミッション」の後半戦を放送。今回のミッションでは参加者が3人チーム(6組)、6人チーム(3組)、9人チーム(2組)に分かれ、同じ人数のチーム同士がパフォーマンスバトルを繰り広げている。課題曲は「ボーカル曲」「ラップ曲」「ダンス曲」の3つのポジションに分かれており、全てのステージが終わった後、マスターたちの評価で勝利したチームにはベネフィット(特典)として27万点が与えられ、その点数をチームメンバーの人数で等分して得票ポイントに加算される。

 前回のグローバル視聴者投票により初のTOP9入り(5位、日本からの投票では1位)を果たした坂本舞白が登場。坂本は、TWICEやNiziUらが所属するJYPエンターテインメントの公開採用オーディション12期で全体2位、女性部門1位という快挙で合格を勝ち取った実力派。2016年から2年間、JYP練習生として現在はITZYとして活躍するメンバーとともにデビューを目指していた。

 現NiziUのリーダーMAKOは、昨年話題を呼んだオーディション『Nizi Project』の最初の審査で「私が中学2年生の時に、JYP公開採用オーディション12期で日本人の方が2位をとり、JYP練習生になったということを新聞で見ました。その時私は、来年は絶対、私が3位以内に入って、JYP練習生になるんだと決意をしました」と、坂本の活躍をきっかけにアイドルを目指したことを明かしている。

 坂本は、ホ・ジウォン、フー・ヤーニンとともに3人組での「ボーカル曲」をテーマにしたITZYの「Mafia In the morning」を選択し、2人の推薦もあってリーダー兼、初のキリングパートを務めることに。ボーカル部門ではあるものの、「3人とも歌って踊れるところも見せたい」とダンスも取り入れた。

 中間評価でマスターたちにパフォーマンスのコンセプトを聞かれた3人は「悪い男に会ってしまって、傷ついた3人の女性たちの復讐の物語です。全員同じ男性です」と方向性を説明。その後、パフォーマンスを披露するものの、マスターたちは「うーん…」と首をひねり、「退屈な感じがする、3人の女性をたぶらかしたわけだから、もっと毒のある感じが必要」「舞白とジウォンはそのまま悪い男と付き合ってしまいそうな雰囲気」とアドバイス。「うまくいけばいいパフォーマンスになる」と笑顔を見せた。

 3人は「演技が必要」と映像で表情をチェックしながら練習を重ね、いざ迎えた本番のステージでは自信に満ちあふれた圧巻のステージを披露。中でも坂本は、これまで見せてきた柔和でかわいらしい雰囲気から一変、大人の魅力を存分に発揮し、ノリノリで観ていたマスターたちも「パフォーマンスとボイス、両方とも逃してしまいかねない選択だったと思うけど、2つともつかめていた。本当にうまかった」と3人を絶賛。SNSでも「ITZYの候補生だった舞白ちゃんのこのパフォーマンスは感慨深い」と感激する声であふれた。

 全グループのパフォーマンス終了後、「コンビネーションミッション」の結果発表が行われ、3人組グループ6組の1位には、100点満点のうち93.83点を獲得した坂本のチームが選ばれ、1人あたり9万点ものベネフィット(投票数に加算される特典)を手に入れた。

 見事、勝利をつかんだリーダーの坂本は「期待しないように…と思いながら、本当は期待してしまいました。本番では本当に楽しもうと思ってステージに上がったのですが、こんなに素晴らしい結果が得られてとてもうれしいです。ありがとうございます」と涙を見せながら感謝の思いを語った。坂本は前回の「コネクトミッション」に続いて2回連続でリーダーを務め、異なるメンバーとともに勝利を勝ち取っている。

 24日放送の第8話では、2回目のグローバル視聴者投票の結果を発表。K(韓国)、C(中国)、J(日本)各グループの中から視聴者投票順位が低い10人が脱落するが、そのうち3人はマスター評価によって復活可能なことから、半数の27人の脱落が決まる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ