プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『こち亀』各界著名人のオススメ3話公開 ラサール石井、HIKAKIN、『銀魂』作者…など

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のコミックス201巻(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社の画像

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のコミックス201巻(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社

 人気ギャグ漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(作者・秋本治)の新刊コミックス201巻(10月4日発売)の書影が初公開された。あわせて、ラサール石井、HIKAKIN、『銀魂』作者の空知英秋氏など、各界の『こち亀』好きがオススメする3話が読める特設サイトがオープンした。

【画像】HIKAKIN、空知英秋が『こち亀』愛コメント!気になるオススメの回は?

10月4日に発売されることが19日、集英社より発表された。2016年9月の200巻発売以来、5年ぶりの新刊となり、今月5日にコミックス201巻を発売し「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定された『ゴルゴ13』の記録に並ぶ見通しになった。

 201巻に収録されるのは、連載40周年とコミックス200巻を記念して開催された展覧会『こち亀展』で展示され、会場でしか読むことができなかった「想い出の巻」、再編集版コミックス・集英社ジャンプリミックス『平成こち亀』シリーズに収録された描き下ろし作品3編、2017年以降に『週刊少年ジャンプ』に掲載された新作7編などが収録される。

 なお、27日発売の『週刊少年ジャンプ』43号にて、描き下ろしショート読切4ページが掲載される。

 1976年から2016年まで『週刊少年ジャンプ』で約40年にわたって連載された同漫画は、亀有公園前派出所に勤務する警察官の主人公・両津勘吉(りょうつ かんきち)が、東京の下町を舞台に、その同僚や周辺の人物と繰り広げるギャグ漫画。テレビアニメ化や、香取慎吾主演でドラマ化や実写映画化もされた人気作品となっている。

【『こち亀』45 周年記念特設ページ レコメンド一覧(敬称略/五十音順)】
●芸能人 岩井勇気(ハライチ)/かまいたち/ガーリィレコードチャンネル/川島明(麒麟)/小宮浩信(三四郎)/賽助・鉄塔(三人称)/佐久間宣行/シルクロード(Fischer’s-フィッシャーズ-)/SKY-HI/せいや(霜降り明星)/染谷将太/堂島孝平/としみつ(東海オンエア)/バカリズム/HIKAKIN/山里亮太(南海キャンディーズ)/ラサール石井
●漫画家 麻生周一(『斉木楠雄のΨ難』)/上木敬(『破壊神マグちゃん』)/篠原健太(『ウィッチウォッチ』)/空知英秋(『銀魂』)/仲間りょう(『高校生家族』)/宮崎周平(『僕とロボコ』)
●その他 中野博之(週刊少年ジャンプ編集長)/堀内丸恵(初代担当編集者・集英社会長)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ