プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

なぜムーミンはいつも優しいのか? 原作者が理由を語る映画『TOVE/トーベ』本編映像

映画『TOVE/トーベ』(10月1日公開)(C) 2020 Helsinki-filmi, all rights reservedの画像

映画『TOVE/トーベ』(10月1日公開)(C) 2020 Helsinki-filmi, all rights reserved

 世界中で愛される“ムーミン”の原作者として知られる、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの半生を描いた映画『TOVE/トーベ』(10月1日公開)より、ムーミンが世界で初めて舞台で上演されることになり、そのために思案するトーベや、ムーミンの世界のキャラクターを演じる役者たちの様子を切り取った本編映像が解禁された。

【動画】ムーミン原作者の物語、映画『TOVE/トーベ』本編映像

 本作は、日本をはじめ世界中で愛されるムーミンの物語の原作者、トーベ・ヤンソンの半生を映画化したもの。文学、コミック、舞台劇、アニメーションなど、今日においても色あせることなく人々を楽しませ続けるムーミンのキャラクターたちは、いかにして育まれていったのか。画家としてキャリアをスタートさせたアーティスト、トーベ・ヤンソン自身の人生を投影して生み出されていく過程、彼女の創作の秘密に肉薄した物語。

 舞台演出家ヴィヴィカの強い勧めでムーミンたちの物語を舞台化することになったトーベ。彼女はようやく脚本を書き上げるが、その後、舞台の練習に足を運んだ際にムーミントロールを演じる役者から「なぜムーミントロールはいつも優しいんだ?」と、素朴な質問をぶつけられる。

 ヴィヴィカは「嫌われるのが怖いから?」と推測、しかし、トーベはその答えに対して「彼は臆病なの」「いつも不安なのよ」「愛が彼を強くする、愛を邪魔されたら怒るわ」とヴィヴィカの答えを肯定も否定もすることなく、だが彼女なりの言葉でその“本当の想い”を明かす。

 机の上に身を乗り出しながら、アトリエの壁を使って1人で“ムーミン影絵ショー”を開催するトーベの愛らしい姿や、これまではイラストでしか見ることができなかったスナフキンやムーミンたちが、実際の役者たちが演じることで、現実の世界で動きだす様子を満足げに見つめるトーベの姿など、世界初のムーミン舞台劇の制作の裏側を垣間見ることができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ