プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

日テレ、『世界仰天ニュース』ステロイド薬めぐる放送内容を謝罪 日本皮膚科学会が抗議

日本テレビが『世界仰天ニュース』放送内容を謝罪 (C)ORICON NewS inc.の画像

日本テレビが『世界仰天ニュース』放送内容を謝罪 (C)ORICON NewS inc.

 日本テレビは14日、『ザ!世界仰天ニュース』で7日に放送された「ひどい肌荒れがまさかの方法で回復」の放送内容について、公式サイトに謝罪文を掲載した。

【写真】『仰天ニュース』MCを務める中居正広&笑福亭鶴瓶

 同日の放送では、ステロイド薬の使用を中止して肌荒れが回復したとする女性のエピソードを紹介。この放送内容について日本皮膚科学会は14日、『「ステロイドは本来体内で作られるが、ステロイド薬の使い過ぎにより体内でステロイドが作られなくなった』や、『再び体内で作られるようにするには、ステロイド薬を断つしかない』といった、科学的に明らかに根拠のない内容もあり、患者さんへの悪影響が懸念されます」として、抗議文を提出したと明らかにしていた。

 これを受け同局は番組サイトで「9月7日の放送で、肌荒れを克服した女性の体験談をお伝えしました。番組内容で、治療中の多くの患者の皆様とそのご家族、携わる医師の方にご心配及びご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」と謝罪。

 続けて「VTRでは、ステロイド薬の使用を中止したエピソードに触れました。一方で、日本皮膚科学会のホームページによりますとステロイドの外用薬は、皮膚炎の炎症を十分に鎮静することができるなど、有効性と安全性が科学的に立証されている薬です。正しく使用すれば、全身性の重篤な副作用は起きないとされています。患者の方が自らの判断で急に薬の使用を中止すると症状が悪化し、白内障や網膜剥離などのリスクがありますので、絶対にやめてください。治療は、医師の指導に従ってください。また日本皮膚科学会などのホームページも参考にしてください。今後、番組では再発防止に努めてまいります」と記している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ