プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

斉田季実治氏『おかえりモネ』出演に「感無量」 西島秀俊には感謝

『おかえりモネ』に出演した斉田季実治氏(C)NHKの画像

『おかえりモネ』に出演した斉田季実治氏(C)NHK

 気象予報士の斉田季実治氏と山神明理氏が、きょう14日に放送されたNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)の第87回に登場。きのう放送の第86回のラストにも登場した2人に対し、SNSでも反響が集まった。

【写真】同じく『おかえりモネ』に出演した山神明理氏

 本作の気象考証も担当している斉田氏は「まさかの本編への出演、とても緊張しました。しかも西島(秀俊)さん演じる『朝岡キャスター』の同僚として、隣に座っているという状況に感無量でしたし、私も元はJテレ気象班だったのだろうかと想像をふくらませていました」と感動をあらわにする。

 続けて「思いのほか、せりふが長く、苦慮していた私に対して、西島さんが『自分の間を取ってから、話し出すと良いですよ』とアドバイスしてくださいました(緊張していて、正確には覚えていませんが)。今後、気象情報の未来の形も描かれる『おかえりモネ』最後までお楽しみください」と西島の気配りに感謝した。

 86話の放送後、SNSでは「びっくりした」「朝ドラデビューですね!」「思わず声が出ちゃいました(笑)」など、サプライズ出演に喜びの声が集まっていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ