プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『刑事7人』7人そろってクランクアップ 東山紀之、早くもシリーズ8に意欲「またお世話になりたい」

『刑事7人』が7人そろってクランクアップ (C)テレビ朝日の画像

『刑事7人』が7人そろってクランクアップ (C)テレビ朝日

 俳優の東山紀之演じる天樹悠を中心に、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)の刑事たち、そして法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)といった個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑むテレビ朝日系ドラマシリーズ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00)。15日に迎える最終回に先立ち、東山たち7人がそろってクランクアップを迎えた。

【写真】お天気キャスターとは打って変わった表情の片岡信和

 専従捜査班のセットで撮影を終えたキャストたち。最初にあいさつに立った白洲は「シーズン7の最初に首を吊られ、後半も崖から吊るされ…」と体を張った今シーズンを振り返りながら「充実したシーズン7でした!」と語る。続く塚本は「そろそろやりましょう! 映画を!」とシリーズの映画化への期待を口にしていた。

 シーズン1から出演している倉科は「シーズン7という節目を迎えられたことがとてもうれしかったです」と語り、倉科にとって特別なシーズンになった様子。一方の田辺は、「もし来年またあったら、1年分パワーアップした姿をお見せしたいところなんですけど、現状維持で精一杯なので、1年分維持した姿をお見せできるように頑張りたいと思います」と笑い、来年に向けての抱負を語った。

 吉田は「東が演じる天樹がシーズン毎にとってもステキになってきているので、天樹をずっと見ていたいなと思うのは私だけでしょうか?」と問いかけると、セットにいるキャスト、スタッフ全員が賛同。北大路からは「最終話の僕のせりふはとても意味深だったよね? これを言わせてもらって感謝しております」と気になる発言もしていた。

 そして、主演の東山は「今年も本当にお世話になりました。いろんな意味で緊張感があり、こういう時代の中、撮影をさせていただけることのありがたさを感じました。またお世話になりたいと思います!」とシリーズ継続への意欲を見せながらあいさつを終えると、セットからは大きな拍手が沸き起こっていた。

 また、最終回となる15日放送の第9話には、片岡信和が出演。2006年にデビュー以降、『炎神戦隊ゴーオンジャー』(2008)や「法医学教室の事件ファイル」シリーズ、「広域警察」シリーズなどのドラマで俳優としても活躍する一方、『羽鳥慎一モーニングショー』のお天気キャスターを務め、“ワンポイントストレッチ”が話題の片岡。演じるのは、25年前に起きた連続婦女暴行殺人事件を追うフリーライターの三条。凶悪事件を追っていたフリーライターという役だけあって、少し尖った印象で、これまでヒーローやお天気キャスターで見せていた片岡とはまったく違う、新たな一面を披露することになる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ