プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

森星、仏料理イベントのアンバサダー就任 “旅”テーマにしたコラボメニューも考案

『ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2021』記者発表会に出席した森星の画像

『ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2021』記者発表会に出席した森星

 モデルの森星が13日、都内で行われた日本最大級の仏料理イベント『ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2021』記者発表会に出席した。

【全身ショット】サテンのパンツ姿で美スタイルを披露した森星

 同イベントは、日本とフランスの食文化の発展に貢献し、全国のフレンチレストランと生産農家を応援しながら、フランス料理を身近に気軽に楽しんでもらうことを目的としている。今年のイベントアンバサダーに森、フランス人アンバサダーにフローラン・ダバディが就任した。

 イベントアンバサダーに就任された感想を問われ、森は「私自身、ここ数年食に対する意識がものすごく変化し、お料理も食材のルーツを考えるようになり、作り手との距離が縮んできた数年間でした。なので、この度フランスレストランウィークのアンバサダーに就任できたことを光栄に思います」と笑顔で語った。

 今回森は、フォーカスシェフの一人、THE UPPERの徳島シェフとコラボレーションのメニューを考案。コラボレーションメニューについてのコンセプトや、完成に至るまでの経緯を質問されると「今回のコラボレーションお料理は“旅”をテーマにしました。私が注目した石川県・能登では里山里海を大切にし、その文化が定着していて人が住むことで多様な命が生まれたり、風景が残されるという意味ですごく素敵だなと思って、今回コラボレーションに選びました」と説明した。

 「SDGsやサスティナブルな取り組みでマイナスな部分よりも、ポジティブな発信をしていきたいと考えた時に、このような昔から日本に根付いている文化を今の現代の人たちに向けて、再編集することに意味があると感じました。なので、お客さまにはお料理で能登の旅にお招きしたいと思い、漆塗りのアーティストの方に特別に器を作っていただいたり、食材から器までプロデュースしました」と意図を明かした。

 さらに「祖母が蝶々のモチーフでブランドをデザインしているので、蝶々からもインスピレーションを受けました」とし、「成長過程の幼虫から、さなぎになり蝶に成長して羽ばたくということが、旅をするというストーリーにリンクしています。能登の食材をふんだんに使い、お客さまが食べ終わった後に『あれ! 私は能登にいたのではないの?』とまるで旅をした気持ちになってもらえるようなストーリーに仕上げました」としている。

 イベントは10月8日からスタートする。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ