プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

宮沢氷魚、事務所所属は“事後報告”だった 両親は「びっくりしていた」

事務所所属は事後報告だったと明かした宮沢氷魚 (C)ORICON NewS inc.の画像

事務所所属は事後報告だったと明かした宮沢氷魚 (C)ORICON NewS inc.

 女優の上白石萌歌、俳優の宮沢氷魚、山本舞香が13日、都内で行われたWOWOW開局30周年記念連続ドラマW 宮部みゆき『ソロモンの偽証』(10月3日スタート 毎週日曜 後10:00)の完成報告会に出席した。

【動画】シックな衣装で美脚を披露した山本舞香

 本作は、宮部みゆきが構想に15年、執筆に9年もの歳月を経て完成させた同名ミステリーが原作。舞台は1990年代の公立中学校だが、今回のドラマではSNSが普及した現代の私立高校に置き換えて脚本を練り上げた。ひとりの転落死から始まる不可解な出来事。動揺する生徒、困惑する保護者、体裁を気にする教師、騒ぎ立てるマスコミやSNSユーザー。一体、誰が真実を話し、誰がうそをついているのか。謎に満ちた衝撃の真相が、現代社会に警鐘を鳴らす。

 上白石が“学校内裁判”を主導する高校生・藤野涼子を演じ、裁判に参加する謎の青年・神原和彦役に宮沢、ひどいニキビに悩む三宅樹理役に山本、ある事件を追う刑事で涼子の父・藤野剛役に高嶋政宏、生徒や警察、マスコミの対応に苦慮する校長・津崎正男役に小林薫。ほかにも浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)、野村裕基、坂東龍汰、モトーラ世理奈、富田望生、坂井真紀、西田尚美、篠原ゆき子、橋本じゅん、田中哲司らが出演する。

 今作で連続ドラマ初主演を飾る上白石は「9年前、小学生のときにお芝居をさせていただいたのがWOWOWさんで、またWOWOWさんの作品に戻ってこられて、原点に帰ってこれたような気持ちで、懐かしさと背筋が伸びるような気持ちが入り混じっています」と感慨深げにあいさつ。

 作品の台本を開いた際に「自分の名前があって不思議な気持ちでした」と初々しく語りながら「そんななか素晴らしい、キャスト、スタッフの方が集結すると聞いた時に、大丈夫だ、この作品はいいものになる!ということを感じました」と胸を張った。

 また、作風になぞらえて「秘密にしていたこと」を問われた宮沢は「このお仕事を始めるにあたって、事務所に所属することを親に伝えてなく、入ってから『そういえば事務所に入りました』って報告しました」と告白。両親は「びっくりしていた」といい「でも事前に相談していたらダメと言われていたかもしれないので。『入ったらこっちのもんだ!』と思って…」と笑った。

 このエピソードに山本は「親からしたら大変なこと(笑)。すごい真面目な方かと思っていたので、そういう一面があるんですね!?」と目を丸くしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ