プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『TOKYO MER』音羽先生(賀来賢人)は「究極のツンデレ」 最終回の“魂の進言”が大反響

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』最終回の場面カット (C)TBSの画像

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』最終回の場面カット (C)TBS

 俳優の鈴木亮平が主演するTBSの日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(毎週日曜 後9:00)の最終回が12日、放送され、厚労省からTOKYO MERに派遣されてきた医系技官・音羽尚を演じる賀来賢人の“魂の進言”が大きな反響を呼んでいる。

【場面カット】爆破テロで東京が炎上!最大のピンチに立ち向かうMERメンバー

※以下、ネタバレあり

 物語の舞台となるのは、都知事の号令で新設された「TOKYO MER」という救命救急のプロフェッショナルチーム。“MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称。最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施す。そして“一人も死者を出さないこと”が、彼らに課されたミッションである。

 最愛の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)を亡くし、失意のどん底にいた喜多見幸太(鈴木亮平)と、連続爆破テロの現場に急行したメンバーたち。一方で音羽は、MERに関する最終審査会に出席した。

 一時はMER解体のため“嘘の証言”をする予定の音羽だったが、喜多見の“青臭い理想”を思い出すと、大物政治家・天沼夕源(桂文珍)の制止を振り切り、こう語った。

 「確かに、彼らはヒーローなんかじゃありません。MERのメンバーは単なる医療従事者です。彼らは誰かに褒められたいからでも、認められたいからでもなく、ただ目の前の命を救いたいという気持ちだけで行動しています。彼らは喜多見チーフの青臭い理想を命懸けで追い掛けてきました。助けを求めている人を待っているのではなく、こちらから行く。彼らが到着したら、すべての傷病者を必ず助ける。このチームがいるというだけで、みんなが安心する。TOKYO MERはそういう存在に成長しました。今の日本に必要なのは、誰かのために全力で頑張ることができる彼らのような存在です。そして、それを支援する周囲の協力です。ああだ、こうだと理屈をつけて、安全な場所から批判ばかりするあなたたちに彼らを笑う資格なんかない!MERはこの国に必要な組織です。彼らを全力で支えるのが、我々の本来の役割のはずです。私は、MERは存続させるべきだと強く進言いたします」。

 これまでMERの存続と解体の間で揺れ動いていた音羽。最終回にして決意を固めると、音羽は「私はMERの医師ですから」とネクタイを外し、現場に急行。これにネット上も大きく反応し「究極のツンデレ!」「音羽先生を信じてたよ!やっぱり最強メンバーだ」「魂の進言、本当に感動しました…」などの声が寄せられた。

 物語ラスト、MER統括官に就任した音羽は、MER正式発足記念式典でチーフドクター・喜多見を紹介し、ステージに呼び込む。そして第1話同様、式典中に出動要請がかかり、MERメンバーは次なる現場へ向かった――。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ