プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ローランド、2年連続の“暴投始球式”「俺はストライクゾーンに収まる男じゃねぇ」

『DeNA-阪神』戦の始球式を務めたROLAND (C)ORICON NewS inc.の画像

『DeNA-阪神』戦の始球式を務めたROLAND (C)ORICON NewS inc.

 実業家でカリスマホストのROLAND(ローランド)が12日、横浜スタジアムで行われた『DeNA-阪神』戦の始球式を務めた。

【写真】豪快な投球フォームで投げ込むROLAND

 同試合は「GIMME YOUR POWER PROJECT Supported by J:COM」と題して開催。2年連続でマウンドに上がったローランドだが、大きく振りかぶって投じたボールは、バッターの背中を通る“暴投”に。直後の取材で「やっぱり難しかったですね」と悔しさをにじませつつ「改めて思ったのは、俺はストライクゾーンに収まる男じゃねぇなって」と前を向いた。

 帝京高時代はサッカー部に所属し、DeNAの山崎康晃投手とは3年間、クラスメートとして青春時代を過ごした。昨年に続き、2年連続の“暴投始球式”となり「前回、投げ終わってから結構イジられて、(山崎から)『今回こそストライクを投げろよ』って。終わった時に『あ、これまたイジられるな』って思いましたね」と笑っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ