プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

武田鉄矢、人という字は支え合っていなかった 本当の成り立ちを説明「ウソついてました」

武田鉄矢 (C)ORICON NewS inc.の画像

武田鉄矢 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志、俳優の武田鉄矢が12日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。武田は『金八先生』の代表的なせりふが間違っていたことを告白した。

【写真】学ラン姿が似合う!ガッツポーズをする松本人志ら

 司会の東野幸治から「過去の自分を覆す発言をしている、と。『人という字は助け合って』というのが真っ赤なウソだった」と話題を振られると、武田は「よく調べましたら、あれは自立している人の姿を横から見た(文字)。ですから、ウソついてました」と正直に打ち明けた。

 松本から「かなり長いこと、うそをついてましたね」とイジられると、武田は本当に“助け合って”という成り立ちを信じていたことを説明し「年を取ると、いろんなことがわかってきますね」と老いても学びの重要性を語っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ