プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

スカイピース、間宮祥太朗主演『バンクオーバー!』主題歌担当 本人役として初のドラマ出演も決定

『バンクオーバー!史上最弱の強盗』の主題歌を担当するスカイピースの画像

『バンクオーバー!史上最弱の強盗』の主題歌を担当するスカイピース

 俳優・間宮祥太朗主演で、19日から2週連続で放送される日本テレビ系スペシャルドラマ『バンクオーバー!~史上最弱の強盗~』(後10:30)で、人気YouTuberユニット・スカイピース(☆イニ☆、テオくん)が前後編の主題歌をそれぞれ担当することが12日、発表された。併せて、2人が本作に本人役で出演することも決定。スカイピースにとって、初のドラマ出演となる。

【写真】「今と全然違う!」間宮祥太朗、胸割りタトゥー&金パツ姿披露

 のっぴきならない事情を抱えた佐助(間宮)が銀行に押し入ると、そこにはすでにもう一組の銀行強盗が…というありえない状況で描かれるサスペンスコメディー。強盗・人質・警部など、たまたま現場に居合わせた登場人物全員が「ウラ事情」を抱えている今作。「ウラ事情」が徐々に明かされるにつれて、物語はとんでもない方向に転がっていく。個性豊かなキャラクター達の本当の姿とは。衝撃の大どんでん返しが待ち受ける。

 19日に放送される前編の主題歌は「おバカだっていいじゃないか!」。同楽曲について、☆イニ☆は「マイペースに、無理する事なく楽しく過ごそ~という、人生に優しい曲」、テオくんは「勉強して、いい成績を残すことが大事かのように教育されていくけど、バカになった方が大切なものに気づけたりするのではないか、という意味が込められた楽曲」と解説している。

 26日午後11時より放送される後編の主題歌は「分かれ道」に決定。☆イニ☆は「昔からの仲間が夢を諦めてしまって、止めてあげたいけど、自分に何ができるのか。どんな言葉を投げかけたらいいのか、そんな葛藤を描いている曲」、テオくんは「周りの人が何かを諦めてしまうという瞬間に出くわした時、あなたはどんな言葉をかけてどんな選択をしますか。自分がその人の側にいて、横にいてあげて、何ができるのかを考えた時に書いた歌詞です」と楽曲に込めた思いを明かした。

 また、初のドラマ出演にあたり、2人からコメントが寄せられた。☆イニ☆は「初めてドラマに出演させて頂き貴重な経験ができました!」、テオくんは「実際に演技してみて、涙を流すシーン、キスシーン、笑うシーンなど全てにおいて素晴らしいものなんだと改めて思いました」と語っている。

 きょう12日より、スカイピースの主題歌音源を使用した本編映像も番組公式サイトのほか、日テレドラマ公式YouTubeと公式SNSで公開されている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ