プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

中島健人&小芝風花『かのきれ』撮了迎え感謝「最高の夏をありがとう!」

クランクアップを迎えた(左から)赤楚衛二、中島健人、小芝風花、佐久間由衣(C)カンテレの画像

クランクアップを迎えた(左から)赤楚衛二、中島健人、小芝風花、佐久間由衣(C)カンテレ

 人気グループ・Sexy Zoneの中島健人と女優の小芝風花がダブル主演を務めるカンテレ・フジ系連続ドラマ『彼女はキレイだった』(毎週火曜 後9:00)の最終話が14日に放送される。それを前に、生放送のシーン以外は全ての撮影がクランクアップした。

【動画】小芝風花の運命の恋の行方は… いよいよ最終回!

 同ドラマは、さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という真逆の成長を遂げた二人の“すれ違う初恋”の行方を描く、この夏一番の胸キュンラブ・ストーリー。

 撮影最終日は、ドラマの舞台となったファッション誌『ザ・モスト』編集部で迎えた。すべてのシーンを撮り終え、W主演の中島と小芝がそろってクランクアップすると一足先に撮影を終えていた赤楚衛二、佐久間由衣が祝福に駆け付けた。

 中島は「この作品を超える作品と出会えるかどうかというのはなかなか怖いんですけど…それぐらいこの現場が楽しかったと思っています。みなさんに感謝と愛を贈りたいと思います。本当にありがとうございました。最高の夏をありがとう! セクシーサンキュー!」とクランクアップの喜びを伝えると、スタッフからは大きな拍手が贈られた。

 小芝は「最高の作品にしようという熱量がすごい中で撮影できたのは幸せでしたし、宝物でした。本当にこの役を演じられて本当に幸せです。ありがとうございました!」と感極まり涙ながらに話した。

 そして、最終話は一部生放送も決定している。『ザ・モスト』は廃刊となってしまうのか、編集部員たちはどうなってしまうのか。宗介と愛の小さなうそから始まった愛の行方は…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ