プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

高畑充希、柳家喬太郎師匠に暴言シーン 謝罪してから撮影 新場面写真も解禁

写真1=映画『浜の朝日の嘘つきどもと』(9月10日公開)(C)2021 映画『浜の朝日の嘘つきどもと』製作委員会の画像

写真1=映画『浜の朝日の嘘つきどもと』(9月10日公開)(C)2021 映画『浜の朝日の嘘つきどもと』製作委員会

 女優の高畑充希が主演する映画『浜の朝日の嘘つきどもと』(9月10日公開)より、高畑演じる茂木莉子(本名:浜野あさひ)の新たな場面写真が公開された。

【画像】雨の中、傘をさして物憂げな高畑充希

 本作は、福島県・南相馬に実在する映画館「朝日座」を舞台に、東京の映画配給会社に勤めていた福島県出身26歳の主人公が恩師との約束である「朝日座」の再建のため、小さな“嘘”をついてでも映画館を守ろうと奮闘する物語。

 解禁された場面写真は、高畑演じる莉子のさまざまな表情を捉えたもの。本作の冒頭で莉子と「朝日座」館主・森田保造(柳家喬太郎)が初めて対面する場面(写真1)。この時、既に閉館が決まった「朝日座」片づけのため、森田は35ミリフィルムを一斗缶に放り込んで火を着けようとしていた。そこに現れた莉子は、慌てて森田の行動を止める。突然現れたいささか強引な莉子に、名前を聞く森田に、莉子は自身の素性を隠すため、本名「浜野あさひ」ではなく、もぎり台を見てとっさに“茂木莉子”と名乗る。それから“茂木莉子”としての物語が始まる。

 本作の序盤から軽快なやり取りを見せる高畑と喬太郎師匠。高畑は喬太郎師匠について「喬太郎師匠とは出会ってすぐに(せりふで)結構な暴言を吐かなくてはいけなくて。『ひどいこと言うけど、すみません!』と先に謝罪してから撮影しました(笑)。喬太郎師匠のリアクションがとてもキュートで、後半は少し楽しくなってしまっている自分がいました」と互いの年齢の垣根を超え、身を任せて演じていたことを明かす。

 そのほかにも、スーツケースを引きながら朝日座に向かうカット(写真2)や、チラシ配りに奔走する莉子(写真3)、大久保佳代子演じる茉莉子先生と病室で楽し気に話す様子(写真4)や、雨の中で物憂げなカット(写真5)など。

 本作の監督を務めるタナダユキは、ずっと高畑との仕事を熱望しており、ロケハン時から、タイル貼りでレトロな風情がある(朝日座の)モギリカウンターを見て、「高畑さんが『もぎりの女性・茂木莉子』としてこのカウンターにいたら最高ですよね」と制作陣と語っていたという。高畑の出演が決まった時には皆で大喜びしたそう。撮影が始まってからも高畑はタナダ監督の期待通り、頭の回転が速い、クレバーな印象だったそうで、「この人に莉子ちゃんを任せておけば安心」というように、絶大な信頼を寄せていた。高畑自身も、「以前からタナダ監督作のファンでいつかお仕事でご一緒したかった」と明かしており、双方にとって本作は念願の初タッグとなった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ