プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

星野源“言葉にならない”ラジオイベント大好評 内輪を外に広げてできた3時間の大作

星野源【撮影:KOBA】 (C)ORICON NewS inc.の画像

星野源【撮影:KOBA】 (C)ORICON NewS inc.

 「いつも僕ひとりではできないラジオをやりたくてやっています。リスナーを巻き込んでいくラジオをやりたいと思ってきたのですが、それがきょう、可視化されたと思います」。4日に配信で行われたニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』(毎週火曜 深1:00)初の番組イベント『星野源のオールナイトニッポン リスナー大感謝パーティー』のラストに、星野源はこう呼びかけた。「内輪を外に広げる」との思いで番組を作ってきたからこそ、豪華すぎる、最高にクレイジーな3時間のイベントとなった。

【イベント写真】最高にクレイジーな3時間! リスナーに感謝を伝える

 番組でのレギュラーコーナーをスペシャルバージョンで実施。毎週番組のジングルを音声でリスナーから募集し紹介する「ジングルのコーナー」は、映像付きでリスナーから募集しイベント内で紹介した。生ラジオドラマ企画「星野ブロードウェイ」は、野木亜紀子が担当。野木がラジオドラマの脚本を担当するのは初めてのことで、普段はリスナーから原案を募集して脚本化をしているが、今回は野木の書き下ろしのオリジナルストーリーとなる。「星野ブロードウェイ」には、星野と番組スタッフに加えて、イベントにゲスト出演する佐久間宣行も参加した。

 番組のアシスタントディレクターである落合凌大がパーソナリティーを務めるイベント内番組「MC落合の恋におち合い▼(ハート)めぐり合い」も実施し、ADの落合凌大がリスナーの恋の悩みに答える企画も。さらに放送作家・寺坂直毅によるデパート企画とともに、星野が作曲、リスナーが作詞を手がけた番組オリジナル楽曲の制作企画も行われた。

 イベント中、野木氏は自身のツイッターで実況ツイートを行いながら熱狂を伝え、「星野のブロードウェイ」後には「みんなうまかった!! おつかれさまでした! 佐久間さん、なぜかヤンキー芝居だったなw」と呼びかけた。直後に放送された『オードリーANN』(毎週土曜 深1:00)では、若林正恭が「星野源さん、すごいね。曲作ってさ、ドラマのお芝居のやつもやって、すごいよな」と感嘆の声を上げるなど、星野を中心としながらも、スタッフ一人ひとりにスポットが当たる構成、オリジナル楽曲やジングルコーナーなどに見られるリスナーとの一体感など、佐久間氏の言葉を借りれば「言葉にならない」イベントになった。

 イベント後に放送された『星野源ANN』では、星野が「現在、3万4000のチケットが売れまして。本当にいろんなことがありましたよ」としみじみ。「野木亜紀子さんの脚本の『星野ブロードウェイ』。僕は恥ずかしくて、まだ見られてないんですよ。終わった後に疲労困ぱいで、プシューってなったんだけど、落合くんのコーナーだけ見て。佐久間宣行さんをして『今一番憧れている』と言わしめたコーナーだから。最高の瞬間を見て、スヤスヤと寝ました」と振り返った。

 続けて「宮森のかわらや、ミキサーの大沢さんのVTR、感動しましたよ。寺ちゃんのデパートのコーナー、長寿コーナーになる予感がしますよ。デパート業界がにわかに盛り上がっているような気がするよ。あとは、野上くんの自立の舞から幕開けで。ちゃんとやっていたのがすばらしい」と賛辞。「あと、前説で元ADのくまさん(三浦憲高の愛称)と野上くん(野上大貴)の漫才がありまして、そちらもちゃんと見ました。すばらしかったけど(笑)。あとは僕がオリジナル曲を作るということで、たくさんの詩を送ってくれました。ありがとうね」と思いを伝えた。

 この日『星野源ANN』のゲストに迎えたのは若林。それぞれの気持ちがシンクロして、電波に乗せてリスナーへと伝播していく時間が流れていき、終盤には星野が「POP VIRUS」の生歌を、そして若林がMC.wakaとして生ラップを披露するなど、盛りだくさんの内容で、今のタイミングだからこそできた2時間となった。イベントは大好評で、当初のアーカイブ配信期間を延長して、19日まで視聴することが可能。若林が出演した『星野源ANN』の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

■『星野源のオールナイトニッポン リスナー大感謝パーティー』
【出演】星野源(パーソナリティー)、野上大貴(ディレクター)、寺坂直毅(構成作家)、宮森かわら(構成作家)、大沢和隆(ミキサー)、落合凌大(アシスタントディレクター)
【ゲスト】佐久間宣行(テレビプロデューサー)
【スタッフ】『星野ブロードウェイ』脚本:野木亜紀子、演出:野上大貴、構成:寺坂直毅・宮森かわら、音響:大沢和隆、演出補:三浦憲高・落合凌大、プロデューサー:石井玄
【料金】3000円 Go To割引適用 2400円
【販売期間】9月19日 午後8時まで
【アーカイブ配信期間】9月19日まで
【受付URL】https://event.1242.com/special/hoshinogen
【イベント公式HP】https://event.1242.com/special/hoshinogen/

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ