プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

上原浩治、役者業でも存在感を発揮 “たった一言のセリフ”が話題「レジェンドすぎる」

『八月は夜のバッティングセンターで。』最終回に出演する上原浩治(C)「八月は夜のバッティングセンターで。」製作委員会の画像

『八月は夜のバッティングセンターで。』最終回に出演する上原浩治(C)「八月は夜のバッティングセンターで。」製作委員会

 元プロ野球選手の上原浩治が、テレビ東京の水ドラ25『八月は夜のバッティングセンターで。(通称:ハチナイ)』(毎週水曜 深1:10~1:40)の最終回(8日放送)に“本人役”でゲスト出演。たった一言のみの演技が話題となっている。

【場面カット】上原浩治が演技挑戦!本人役で熱演 これまでに川崎宗則、古田敦也、山本昌ら出演

 原作は、2019年にアニメ化されたことでも知られる、人気アプリゲーム『八月のシンデレラナイン』。“ドラマ初主演”を飾る関水渚が女子高生・夏葉舞、仲村トオルがバッティングセンターで悩める女性の相談を次々と解決する謎の人物・伊藤智弘をそれぞれ演じた。

 劇中では、伊藤が「ライフ・イズ・ベースボール」という言葉を口にすると、不思議な力によって、舞たちと共に野球場へワープ。妄想の世界に球界を代表するレジェンドたちがサプライズ登場し、伊藤の野球で例えた独自の人生論をなんと選手自ら再現しながら、問題を解決に導く。

 これまで各話を盛り上げる“レジェンド選手”として岡島秀樹、山崎武司、川崎宗則、五十嵐亮太、里崎智也、吉見一起、山本昌、古田敦也らそうそうたる顔ぶれが出演。その豪華リレーの“クローザー”を任されたのは、日米通算100勝100セーブ100ホールドを達成した上原だ。

 最終回は、女子野球部のエースとして全国制覇を目指すも、野球から離れボールを握れなくなった舞(関水)へ、伊藤(仲村)が最後の野球論を説く。物語中盤でマウンドに上がった上原は、衰え知らずのピッチングを披露し、その雄弁な表情で挫折した舞の背中を押す。

 そして再び野球と向き合う覚悟を決め、マウンドに上がった舞へ、上原は「最後はお前が決めろ」と優しく激励する。これが“最初で最後のセリフ”となり、放送直後のSNS上では「多くは語らず、その投球と表情で野球への姿勢を見せた上原さん…凄かった!!」「上原レジェンドすぎる」などの声が寄せられた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ