プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

木村拓哉、ソロシンガーとしての活躍に明石家さんまからエール「まさしくオールドルーキー」

『AERA 』9月20日号の表紙を飾る木村拓哉の画像

『AERA 』9月20日号の表紙を飾る木村拓哉

 俳優で歌手の木村拓哉が、13日発売の雑誌『AERA』(朝日新聞社出版社刊)9月20日号の表紙に登場している。カラーグラビア&インタビュー4ページの撮影は人気写真家の蜷川実花氏が担当する。昨年からはソロシンガーとしても活躍しているが、マイクを持ち、音楽と向き合うにあたってSNSなどを通じ、ファンが待っていてくれるということを自覚できたこと、明石家さんまから「まさしくオールドルーキーやんけ」と背中を押されたことが大きかったと話す。

【マスカレード・ナイト】木村拓哉と名バディ! ボディラインあらわな長澤まさみ

 また、映画『マスカレード・ナイト』では、殺人事件の捜査のため、大みそかのホテルでのカウントダウンパーティーに乗り込む敏腕刑事を演じた木村。2019年公開のヒット作『マスカレード・ホテル』の続編であり、前作で築いた信頼関係の中で行われたという撮影を振り返る。長澤まさみさん演じるバディとの間に生まれた「大人の空気感」や鈴木雅之監督との演技を巡るやりとり、 初体験だったというアルゼンチンタンゴのレッスンまで縦横無尽に話題が広がる。

 ソロアルバムのタイトルにも使った「Flow」という言葉に込めた思いも語られる。絶え間なく流れること、その流れに乗るために必要なことの先に、木村が見つめていた「リアル」とは。その現在地を知ることができる、貴重なインタビューとなっている。
 
 また、巻頭特集は『家族構成別 感染する前にやっておくこと』。医療ひっ迫が続くなか、感染の不安のみならず、自宅療養への不安が広がっている。特集では、入院したくてもできない事態に陥ったときに備えて事前にやっておくべきことを、自宅療養の経験者と在宅医療の専門家などに取材。45のタスクにまとめている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ