プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

レオナルド・ディカプリオとティモシー・シャラメが共演 Netflix映画のキャストが豪華すぎる

Netflix映画『ドント・ルック・アップ』(12月24日配信)ランドール・ミンディ博士(レオナルド・ディカプリオ)、教え子の大学院生ケイト(ジェニファー・ローレンス)の画像

Netflix映画『ドント・ルック・アップ』(12月24日配信)ランドール・ミンディ博士(レオナルド・ディカプリオ)、教え子の大学院生ケイト(ジェニファー・ローレンス)

 レオナルド・ディカプリオとジェニファー・ローレンスが主演を務める、Netflix映画『ドント・ルック・アップ』(12月24日よりNetflixにて独占配信)の初映像となる予告編と場面写真が解禁となった。本作は、彗星衝突という地球の危機を発見した天文学者と教え子が、世界の人々にその事実を何とかして伝えようと奔走する、ユーモアにも満ちあふれたエンターテイメント作品だ。

【動画】Netflix映画『ドント・ルック・アップ』ティザー予告編

 主演の2人のほかにも、メリル・ストリープ、ケイト・ブランシェット、ティモシー・シャラメ、アリアナ・グランデ、ジョナ・ヒル、マーク・ライランスら、高い知名度と実力を兼ね備えたキャストが集結。それぞれ個性的なキャラクターを演じる。

 レオナルド・ディカプリオは、落ちこぼれ気味の天文学者ランドール・ミンディ博士。ジェニファー・ローレンスは教え子の大学院生ケイト。メリル・ストリープは、オーリアン大統領。ジョナ・ヒルが大統領の息子であり補佐官のジェイソン。
陽気なテレビ番組の司会者ブリーをケイト・ブランシェットが演じる。

 解禁となった映像では、息づかいの荒い中年の男性がトイレで呼吸を整えようとしている。レオナルド・ディカプリオだ。今回演じるミンディ博士は超アガリ症。教え子の大学院生ケイトとともに地球衝突の恐れがある巨大彗星の存在を発見したミンディ博士は、世界中の人々に迫りくる危機を知らせるべく奔走することに。

 仲間の協力も得て、オーリアン大統領と、彼女の息子であり補佐官のジェイソンと対面する機会を得るが、正念場を前に緊張しまくりのミンディ博士は大統領から「その息づかいがストレス」「“終末”関係の会議がいくつあると?」と、まったく相手にされない一幕も。

 さらにケイト・ブランシェット演じるTV司会者、普段のアリアナ・グランデ自身の姿に近そうな女性、ティモシー・シャラメ演じる謎の若者らも登場。彼らはミンディ博士とケイトを翻ろうするのか、あるいは助けになるのか? 彗星の衝突までたったの6ヶ月。まったく思い通りにいかない地球救出劇の結末を見届けずにはいられない。

 監督を務めるのは、コメディ映画「俺たちニュースキャスター」シリーズを手掛け、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の『アントマン』(2015年)で脚本を担当、監督・脚本を務めた『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(16年)でアカデミー賞脚色賞受賞のアダム・マッケイ。本作は、12月より日本の一部劇場にて公開も予定されており、今年の賞レースでも話題になること必至だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ