プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

上沼恵美子、あす放送『バラエティー生活笑百科』に出演 仁鶴さんへの思いを語る

17日放送の『バラエティー生活笑百科「ま~るくおさめまっせ」-ありがとう笑福亭仁鶴さんー』に出演する上沼恵美子(C)NHKの画像

17日放送の『バラエティー生活笑百科「ま~るくおさめまっせ」-ありがとう笑福亭仁鶴さんー』に出演する上沼恵美子(C)NHK

 8月17日に骨髄異形成症候群のため亡くなった落語家・笑福亭仁鶴さん(84)。あす11日にNHK総合の『バラエティー生活笑百科』(毎週土曜 後0:15)内で追悼番組『「ま~るくおさめまっせ」-ありがとう笑福亭仁鶴さん-』が放送され、上沼恵美子やオール阪神・巨人が出演することが発表された。

【写真】笑福亭仁鶴さんの思い出を語る桂南光、オール阪神・巨人ら

 1985年にスタートした同番組。仁鶴室長が初めて番組に登場したのは、1986年3月の放送で、相談員の上沼、オール阪神・巨人は第1回から出演していた。今回は、ホールでの公開収録の映像も交えて番組の歴史をたどる。

 番組の初期から共演してきた上沼やオール阪神・巨人。弁護士の野間督司氏、ゲストとしても相談員としても出演経験のある三倉茉奈と三倉佳奈らが、スタジオや控室での仁鶴室長や、番組での思い出を語る。また、現在の上方落語協会会長で、仁鶴さんの筆頭弟子・笑福亭仁智も、師匠からの心に残る言葉を明かす。

 なかでも、仁鶴室長が最初に出演したころから相談員として番組で共演してきたのが上沼。当時は大スターとして人気絶頂の仁鶴室長と共演するということで、最初に共演したときはとても緊張したといい、仁鶴さんへの思いをじっくりと語る。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ