プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

5年ぶり再始動の2PM、10年ぶり『Mステ』で新曲初披露「これからは毎年呼んで」

10年ぶり出演となる『ミュージックステーション』で新曲「僕とまた」を初披露する2PMの画像

10年ぶり出演となる『ミュージックステーション』で新曲「僕とまた」を初披露する2PM

 韓国のJYPエンターテインメント所属の6人組グループ・2PMが、きょう10日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜 後9:00)に10年ぶりに出演し、活動再開後初となる日本オリジナルミニアルバム『WITH ME AGAIN』のタイトル曲「僕とまた」を初披露する。

【写真】2PMミニアルバム『WITH ME AGAIN』ジャケ写&『NYLON JAPAN』表紙

 2008年にデビューした2PMはジュンケイ、ニックン、テギョン、ウヨン、ジュノ、チャンソンからなる6人組。2011年に日本デビューし、2016年10月に東京ドーム2daysで計10万人を動員した。その後、外国籍のニックンを除く5人が順次兵役に就き、その後はそれぞれがソロ活動。2018年7月にはテギョンが事務所を移籍したが、今年6月、6人の完全体で5年ぶりに再始動した。

 日本オリジナルミニアルバム『WITH ME AGAIN』を29日にリリースする2PMは、10年ぶりの出演となる『Mステ』でタイトル曲「僕とまた」を初披露する。同曲はメンバーのジュンケイが作詞作曲を担当した。

 今年1月1日から1月2日になるまでの間に作った曲だといい、ジュンケイは「ファンのみなさんの姿を想像しながら、みなさんとまた一緒に過ごしたいという気持ちをこめてたくさん努力をして作りました」と説明。テギョンは「2PMの大人の余裕を感じさせる姿が見どころです」、チャンソンも「男の魅力を感じさせる瞬間をそれぞれの個性を活かしながら表現しています」とポイントを明かした。

 10年ぶりとなる『Mステ』出演に向け、テギョンは「10年前よりさらに余裕のある成長した姿をお見せしたい」と意気込み。チャンソンは「出演決定の知らせを聞いた瞬間、喜んで声を上げました」と打ち明け、ジュノは「ずっと出たいと思っていました。これからは毎年呼んでください」とアピール。最後にテギョンは「直接ファンの皆さんにお会いすることができないのがとても残念ですが、また会える日を楽しみにしながら頑張ります!」と言葉に力を込めた。

■『ミュージックステーション』出演アーティスト
KAT-TUN「EUPHORIA」
2PM「僕とまた」
松下洸平「つよがり」
milet「Ordinary days」
緑黄色社会「LITMUS」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ