プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

和牛『情熱大陸』“裏顔”見せるか迷い 世間の憶測を一蹴できて「よかった」

『情熱大陸』でのエピソードを明かした和牛(左から)水田信二、川西賢志郎 (C)ORICON NewS inc.の画像

『情熱大陸』でのエピソードを明かした和牛(左から)水田信二、川西賢志郎 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・和牛(水田信二・川西賢志郎)が9日、都内で行われた『情熱大陸×和牛』DVD発売記念イベントに登場した。「長期間の密着を受けコンビとしての思いを伝えることができて「よかった」と振り返った。

【写真】満足げな笑顔!完成したDVDを見せる和牛

 これは3月14日に放送された『情熱大陸』をDVD化したもの。「面白い漫才」をとことん追求する2人に密着し、水田・川西それぞれが自身の笑いのルーツを語る場所を訪れたり、新ネタを作る様子など“漫才師”としての生き様に迫り大きな反響を呼んだ。

 テレビなどで普段見せることのない素顔を番組では見せていたが、川西は「先輩方から『芸人は裏を見せるのはよくないのではないか?』と以前から言われていることなのですが、『芸人は裏を見せてはダメだ』ということを世間はすでに知っていたりしますから、これは1つの“裏顔”を知っていることだと思っています」と告白。

 芸人として裏の顔を見せることに迷いはあったが「裏顔を結構見せた状態で、『劇場で漫才を観に行きたい!』と思っていただけるかどうか、そこで笑わすことができるかどうか、そういう勝負に持ち込んでもいいのではないかと思いました。なので『見せてもいいのではないか?』と思いました」と打ち明けた。

 一方、水田は「これから(コンビとして)どういう風にやっていくの? なんでM-1でないの? どんな感じで仕事していくの?とか、いろいろと聞かれるのですが、正直、何回も聞かれて言うことでもないな」とし、「それが『情熱大陸』に詰め込まれていて、そういう意味では番組で出せてよかったなと思います。これを見てもらえれば今の和牛が詰まっている。変な見方、憶測されることもなく、正直な気持ちを出しているので出演してよかったなと思います」と伝えた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ