プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ベネチア映画祭に“ブギーマン”現る 金獅子生涯功労賞にジェイミー・リー・カーティス

映画『ハロウィン KILLS』(10月29日公開)「第78回ベネチア国際映画祭」ワールドプレミアにブギーマン現るの画像

映画『ハロウィン KILLS』(10月29日公開)「第78回ベネチア国際映画祭」ワールドプレミアにブギーマン現る

 イタリアで開催中の「第78回ベネチア国際映画祭」で現地時間8日、1978年公開のホラー映画『ハロウィン』の続編『ハロウィン KILLS』(10月29日公開)のワールド・プレミアが行われた。シリーズに欠かせない存在である主演のジェイミー・リー・カーティス、そしてシリーズを華麗に蘇らせたデヴィッド・ゴードン・グリーン監督、そして、“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズもレッドカーペットに登場し、会場を盛り上げた。

【写真】金獅子生涯功労賞を受賞したジェイミー・リー・カーティス

 鬼才ジョン・カーペンターが生み出した『ハロウィン』は、32万5000ドルの製作費で4716万ドルの全米興行収入を記録。映画史に残るホラー・アイコン“ブギーマン”を生み出し、数多くの作品やクリエイターたちに影響を与え続けている。その78年版から40年後を描いた正統な続編『ハロウィン』(デヴィッド・ゴードン・グリーン監督)は、2018年10月19日に全米で公開されオープニング興収7622万ドルを記録、最終的に全米1億5934万ドル、全世界で2億5561万ドルを稼ぐ大ヒットとなった。また、興行的成功のみならず、批評家からや観客からも高い評価を獲得した。

 前作に引き続きデヴィッド・ゴードン・グリーンが監督・脚本・製作総指揮を務めた『ハロウィン KILLS』。キャラクター原案、製作総指揮、音楽をシリーズ生みの親である巨匠ジョン・カーペンターが務め、『透明人間』『ハッピー・デス・デイ』など良質ホラー作品を量産する“恐怖の工場”ブラムハウス・プロダクションズを率いるジェイソン・ブラム(製作)、ダニー・マクブライド(製作総指揮・脚本)ら、前作からの強力な布陣も再集結。

 主人公ローリー・ストロードを演じるのは1978年製作の『ハロウィン』からシリーズを支え続けるジェイミー・リー・カーティス。そしてローリーの娘カレン役のジュディ・グリア、孫娘アリソン役のアンディ・マティチャックも続投し三世代でブギーマンに立ち向かう。

 今回、ジェイミー・リー・カーティスは同映画祭の金獅子生涯功労賞を受賞。授賞式には赤いヒョウ柄のドレス姿で登壇したジェイミーは、トロフィーを受け取ると「この業界に長くいて、生涯功労賞を受賞するなんて不可能に思えていたけれど、いま『ハロウィン KILLS』でそれを実現できたことは私にとってすごく意味のあることです。『ハロウィン』そしてローリー・ストロードによって私のキャリアはスタートし支えられてきました。これらの作品が世界中の観客に愛される新しいフランチャイズに発展したことは今でも私にとって贈り物です。ローリーと、困難に直面しながらも屈服することを拒否する世界のすべての勇気あるヒロインたちを代表し、ベネチア国際映画祭でこの賞を受賞できたこと、とても嬉しく誇りに思います」と喜びを語った。

 なお、世界三大映画祭のひとつであり世界で最古の歴史を持つこの由緒ある大舞台に現れたブギーマンだったが、大暴れすることはなく、いつの間にかハドンフィールドへ帰っていった…。

 上映後は、海外の批評家たちから「ゴージャスな楽しさ、素晴らしい演技、そしてジョン・カーペンターの衝撃的なスコア。前作よりもはるかに怒りに満ち、ダークで、暴力に溢れている」(IGN)、「『ハロウィン KILLS』は血だらけのローラーコースターのような映画だ!」(discussingfilm)、「ジェイミー・リー・カーティスが恐怖と戦う姿は、彼女のかっこよさを全世界に知らしめた」(Variety)、「一点の曇りもない、純粋なスラッシャー映画だ!」(Indie Wire)と、高評価の声を獲得。日本公開もますます期待が高まるばかりだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ