プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

岡田准一、土方歳三は自分史上最高に“カッコいい”役 サウナで殺陣考案

サウナで殺陣考案したことを明かしたV6・岡田准一 (C)ORICON NewS inc.の画像

サウナで殺陣考案したことを明かしたV6・岡田准一 (C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・V6の岡田准一が9日、都内で行われた主演映画『燃えよ剣』(10月15日公開)完成報告イベントに登壇した。新選組・土方歳三を演じた岡田は「自分としてはこれまで、いろんな役を演じさせていただきましたが、歴代で1番かっこいい素敵な役を演らせていただいたと思っています。原田(眞人)監督の作品に主演として立てたこと。このすばらしいキャストのみなさんとで激動の幕末を生き抜けたことを幸せに思える作品でした」と胸を張った。

【集合ショット】岡田准一、柴咲コウ、山田涼介ら豪華登壇者たち

 今作は司馬遼太郎氏による人気原作を原田眞人監督が映画化。激動の幕末でわずか6年だけ存在した「新選組」は、いかにして歴史に名を刻む“伝説(レジェンド)”となったのか。時代の大きな変化の中、剣を手に命を燃やした男たちの知られざる“愛”と“戦い”を描き出すスペクタクルエンターテインメント。

 特に、同じく新選組を演じた近藤勇役の鈴木亮平、沖田総司役のHey! Say! JUMPの山田涼介とは打ち解けた様子を見せ、岡田は「本当に隊士のメンバーが、本当の隊士のようにチームワークが良くて。誰かが悩んでたら鈴木くんが食事に連れて行くとか」と振り返ると、鈴木は「局長ですから」とキッパリ。「沖田はフラットで変わらないというのを山田くんも心がけてくれて距離をとってくれたし、その場でいる人たちのような空気感をその場で作れていたし、原田監督の場作りのある現場に、助けられ、演じることができました」と感謝した。

 一方、今作での苦労を聞かれた岡田がピンとこない様子を見せると、山田は「3人で手合わせするところは、急きょ決まった殺陣(たて)じゃないですか? あれを岡田さんが決めるとき、たまたまサウナでご一緒して、サウナで一生懸命考えられたときに『大変なんだな』と…」と裏側を明かす場面も。岡田が「それは鈴木くんが悪いんですよ。山田くんと2人のシーンの見学に来た時に、監督に『俺もああいうのやりたい』って。監督が俺のところに来て『鈴木くんが言ってるからそこで増やしてくれよ』と言われて僕はサウナで考えるハメになった」と経緯を説明した。

 これに対して申し訳なさそうに鈴木が「うらやましかったんです。土方と沖田がじゃれ合うような組み手をしてて、僕もやりたいですって言った結果、裸で考えることになったんですね」と苦笑すると、岡田は「でも、いいシーンになりましたね」と満足げ。原田監督も「3人の関係性はあれで活きるなと。すごく僕も好きなシーンです」とうなずいていた。

 この日は柴咲コウ、尾上右近、山田裕貴、伊藤英明らも参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ