プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

Hey! Say! JUMP山田涼介、岡田准一&鈴木亮平から過酷“減量法”伝授「お医者さんでした」

過酷な“減量法”を伝授したHey! Say! JUMP・山田涼介 (C)ORICON NewS inc.の画像

過酷な“減量法”を伝授したHey! Say! JUMP・山田涼介 (C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・V6の岡田准一とHey! Say! JUMPの山田涼介が9日、都内で行われた主演映画『燃えよ剣』(10月15日公開)完成報告イベントに登壇した。

【集合ショット】岡田准一、柴咲コウら豪華登壇者たち

 今作は、司馬遼太郎氏による人気原作を原田眞人監督が映画化。激動の幕末でわずか6年だけ存在した「新選組」は、いかにして歴史に名を刻む“伝説(レジェンド)”となったのか。時代の大きな変化の中、剣を手に命を燃やした男たちの知られざる“愛”と“戦い”を描き出すスペクタクルエンターテインメント。

 沖田総司役を演じた山田は、衰弱していくシーンのため減量にも挑戦。その方法は土方歳三役の岡田や近藤勇役の鈴木亮平からアドバイスを受けたといい「お医者さんでした」と感謝。岡田が「本当に頑張ってたので。あれはきついですよね、1番きついのを教えたんです。僕は二度とやりたくない方法を言ったら、実践してて…」とストイックな一面に驚くと、山田は「その時、1番きついって言ってなかったですよね?」と苦笑した。

 山田は、本格的な時代劇や殺陣(たて)にも初挑戦し、クランクイン前には岡田が直接指導。「現場でもそうですけど作品に入る前も優しく教わりましたし、常に誰かに助けていただいていた。沖田の役柄で、痩せないといけない時には、亮平さんにどういう風に痩せたらいいですか?と聞いたら、亮平さんと岡田さんがお医者さんのように『こういう塩の抜き方があるんだよ』と教えてくれたりしましたし、刀の練習では、自分の刀が良くなかった時、伊藤(英明)さんが『沖田くん、これを使ってくれ』と私物の刀をプレゼントしてくれたり、たくさんの方に支えられて沖田総司ができた。本当にみなさんのおかげ」と噛み締めた。

 役作りでの増減量が度々話題となる鈴木さえも「そこの、見た目のコントロールは想像を絶する大変さだと思う」というほどの過酷さで、原田監督は「衰弱しているのは最後の予定でスケジュールを組んでたんだけど、いろいろあって、行ったり着たりになっちゃってかわいそうだった」と申し訳なさそうに振り返ると「全然、全然」と笑顔。鈴木は「声かけられなかった」と、その入り込みぶりには驚いたそうで、岡田も「この作品への想いを感じました」と太鼓判を押していた。

 このほか、柴咲コウ、尾上右近、山田裕貴、伊藤英明らも参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ