プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『攻殻機動隊 SAC_2045』シーズン1を再構成 劇場版監督に藤井道人を起用

劇場用長編アニメーション『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』11月12日より劇場公開(2週間限定) (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会の画像

劇場用長編アニメーション『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』11月12日より劇場公開(2週間限定) (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

 Netflixで2020年4月より独占配信されているシリーズ最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』のシーズン1(全12話)に、新たなシーンを加えて再構成し、全編フルグレーディングを施した劇場用長編アニメーション『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』が、11月12日より2週間限定、全国20館にて劇場公開されることが発表された。

【動画】『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』特報

 さらに、この劇場版の監督に、日本アカデミー賞6部門受賞の『新聞記者』や『ヤクザと家族 The Family』など、実写映画で活躍する藤井道人を起用。藤井監督は「神山健治監督と荒牧伸志監督が丹念に作り上げた世界を、畏れ多くも2時間の映画に再構築させていただきました。攻殻機動隊シリーズを観たことがない人でも楽しめる、濃密で見応えのある映画ができました」と、コメントを寄せている。

 1989年に『ヤングマガジン増刊 海賊版』(講談社)にて士郎正宗が原作コミックを発表、連載開始以来、押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画などさまざまな作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた「攻殻機動隊」シリーズ。

 その最新作となるアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』は、「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズを手掛けた神山監督と、「APPLESEED」シリーズを手掛けた荒牧監督によるダブル監督のもと、Production I.G × SOLA DIGITAL ARTSにより制作。田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズのオリジナルキャストが再集結。Netflixにて独占配信開始以来、その鮮烈なSFアクションと、時代を予見した独自の世界観により、新たなファンを獲得し続け、続編となるシーズン2の制作が決定している。

 millennium paradeによるシーズン1のオープニングテーマ「Fly with me」のフルサイズを新たなアトモスミックスを施して劇場版主題歌とする。

 公開決定の発表に合わせて、本作のキャラクターデザインを担当するイラストレーター、イリヤ・クブシノブ描き下ろしによるメインビジュアルも解禁となった。主人公・草薙素子ら公安9課のメンバーと、新キャラクターの江崎プリン、物語の鍵を握る“ポスト・ヒューマン”シマムラタカシが描かれた、本作を象徴するビジュアルとなっている。

 初出映像となる特報も公開。「2045年」のテロップから始まる映像には、再び結成された公安9課の面々やタチコマ、江崎プリンに加え、スミスから語られる新たな敵“ポスト・ヒューマン”の存在、謎に包まれたシマムラタカシの登場と、本作の気になる要素が随所にちりばめられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ