プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

片桐はいり『東京放置食堂』主題歌アーティスト&キービジュアル解禁

『東京放置食堂』のキービジュアル (C)「東京放置食堂」製作委員会の画像

『東京放置食堂』のキービジュアル (C)「東京放置食堂」製作委員会

 女優の片桐はいりが“連ドラ初主演”を飾る、テレビ東京の水ドラ25枠ドラマ『東京放置食堂』(15日スタート 毎週水曜 深1:10)。主題歌にアーティスト・(元)現役女子高生あたしの「碧の宵」が起用された。

【写真】工藤綾乃ら豪華な共演陣

 初のドラマ主題歌となる本作は、クールで切ない歌声でドラマの魅力的な世界観を彩る。さらに作品のキービジュアルも解禁された。

 ドラマの舞台となる「大島」は、東京から120キロも離れた太平洋に浮かぶ島で、東京都内にある別名「東京アイランド」。都内とは思えないほど、大自然に溢れ、街の喧騒から放置された時間の流れを忘れられる場所だからこそ育まれる魅力的な人間模様・島グルメが本作では色濃く描かれる。

 主人公・真野日出子(片桐)は、東京生まれ・東京育ちで、数多くの被告人を裁き、更生させてきた曲がったことが大嫌いな初志貫徹の元裁判官。これまで、裁判官として幾度なくキャリアを重ねてきた彼女だが、人を裁くことに疲れてしまい、退官を決意し、あることをきっかけに大島へ。その場所で、祖父から受け継いだ「風待屋」を一人で営む寡黙な若い店主・小宮山渚と大島名物の“くさや”との出会いが、彼女の第二の物語の扉を開ける。

<(元)現役女子高生あたし>
普段はインターネットでカバー曲を配信していたのですがまさか私の歌がテレビに乗るとは思っていませんでした…! これを機に活動の幅が広がればうれしいなと思います。

海や島どこか懐かしい情景を思い浮かべながら歌いました。私も皆さんと一緒にドラマを見るのが楽しみです!ぜひ主題歌にも注目して見ていただけるとうれしいです!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ