プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

“ドーナツ王”となったカンボジア人男性のアメリカンドリームを映画化

全米の“ドーナツ王”と呼ばれた、ある男の人生に迫ったドキュメンタリー映画『ドーナツキング』11月12日より全国順次公開 (C)2020- TDK Documentary, LLC. All Rights Reserved.の画像

全米の“ドーナツ王”と呼ばれた、ある男の人生に迫ったドキュメンタリー映画『ドーナツキング』11月12日より全国順次公開 (C)2020- TDK Documentary, LLC. All Rights Reserved.

 リドリー・スコットが製作総指揮、全米の“ドーナツ王”と呼ばれた、ある男の人生に迫った驚きのドキュメンタリー映画『ドーナツキング』が11月12日より新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

【動画】予告編とカラフルなポスタービジュアル

 アメリカ国内には約2万5000店以上のドーナツ店がある。そのうちの5000店舗があるカリフォルニア州に住む人々の朝の車通勤の定番は、「ドーナツ2個と1杯のコーヒー」。そんなアメリカ人が愛してやまないドーナツ店の経営を始めて資産2千万ドル(日本円で約22億円)をも所有する“ドーナツ王”となったカンボジア人男性がいた。

 彼の名はテッド・ノイ。誰もがうらやむアメリカンドリームをつかんだ彼は、なぜアメリカに渡り、いかにして現在も脈々と継がれるドーナツ店経営に至ったのか。ドーナツの穴を覗き込むようにテッドの人生を覗きたどってみると、カンボジア内戦、難民問題、大手チェーン店 VS 個人経営店の最新ドーナツ事情まで、幾多の困難を乗り越えながら、思いもよらぬ方向へ転がった人生と数奇なエピソードがつむがれる。監督は、新人ながら昨年のSXSWでその才能を絶賛された注目の女性監督、アリス・グー。

 予告編の冒頭で、焼き上がったばかりのドーナツとともにテッドさんが登場。胸が躍るカラフルな何種類ものドーナツとテッドさんを知る人々の証言が少しずつ積み重ねられていく。大金持ち、カンボジア難民にチャンスを与えた人物、命の恩人、お金のためなら何でもやる、失望した……果たして何が本当の彼の顔なのか。祖国カンボジアから自由の国アメリカへ渡り、生き抜くためにドーナツにすべてを捧げた彼の人生に興味が掻き立てられる映像となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ