プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

劇場アニメ『神在月のこども』出雲へ向けて走り出す[動]Ver.ビジュアル

劇場オリジナルアニメ映画『神在月のこども』(10月8日公開)[動]Ver.ビジュアル (C)2021 映画「神在月のこども」製作御縁会の画像

劇場オリジナルアニメ映画『神在月のこども』(10月8日公開)[動]Ver.ビジュアル (C)2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

 劇場オリジナルアニメ映画『神在月のこども』(10月8日公開)の新デザインのビジュアルが8日、解禁された。先行して解禁されたビジュアルは主人公・カンナの力強い目線が印象的な[静]Ver.で、今回はカンナが出雲へ向けて走り出す[動]Ver.となる。

【画像】『神在月のこども』[静]Ver.のビジュアル

 日本各地では“神無月(かんなづき)”と呼ぶ10月を、出雲では“神在月(かみありづき)”と呼ぶ由縁。全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議を行うという云われを題材に、人々と神々、各地と出雲、そして、この島国の根にある“ご縁”という価値観をアニメーションに描く本作。

 これまで本作の題材の地域でもある島根県・出雲の美しい景色や、カンナが道中に出会う諏訪の神様・龍神の画が印象的なキービジュアルが披露されてきたが、今回は、主人公・カンナの物語をフィーチャー。

 母を亡くし、大好きだった走ることと向き合えなくなったカンナ。絶望の淵で母の形見に触れると、目の前に一羽の兎・シロが現れ、カンナは出雲へ誘われる。「お母さんに会えるかもしれない」と、カンナは道中、鬼の少年・夜叉に行く手を阻まれながらも出雲を目指す。「静止った時を走り出す もう一度自分を信じてみたい」というコピーのように時間が止まっていたカンナが勇気をもって再び走り出し、東京から出雲への旅を通じて母の死と向き合い、成長する様子を期待させるビジュアルとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ