プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

片岡愛之助、『半沢直樹』余波で自虐「怒るとオネエになりそう…」

「怒るとオネエになりそう」と語った片岡愛之助 (C)ORICON NewS inc.の画像

「怒るとオネエになりそう」と語った片岡愛之助 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の田中圭、歌舞伎俳優の片岡愛之助が8日、都内で行われた映画『総理の夫』(9月23日公開)の“超組閣”完成披露試写会舞台あいさつイベントに参加した。

【写真】シックな黒ドレスの中谷美紀をエスコートする田中圭

 山本周五郎賞、新田次郎文学賞受賞作家である原田マハの小説が原作。物語は、42歳・史上最年少にして初の女性総理が誕生した近い将来の日本が舞台。鳥類学者の夫は、総理となった妻を微力ながら支えようとするものの、史上初のファーストジェントルマンとして自らも担ぎ上げられてしまう。順風満帆だった夫婦生活は、結婚10年目にして激変。「政界」という未知の世界で奮闘する様が描かれる。

 ファーストジェントルマンとなった相馬日和(田中)の兄でキザな勘違いCEOの多和役だった愛之助。迫力たっぷり日和に詰め寄るシーンも多かった愛之助は田中に対し「ごめんなさいね。ご一緒すると怒ってばっかりのシーンしかない」と謝罪。一方で「撮ったのは結構前。ちょうと某ドラマで金融庁のオネエの役をやっていて、それも後半に差し掛かる時だった。怒ると、そういうスイッチが入って、オネエになりそうな気がする(笑)。それを一生懸命、封じ込めて怒ったのを覚えています」と『半沢直樹』余波があったことを自虐しながら明かし、笑わせていた。

 この日は、中谷美紀、貫地谷しほり、工藤阿須加、松井愛莉、嶋田久作、岸部一徳、河合勇人監督

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ