プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

田中圭、何もしない主人公役で役者魂が勝手に燃える「『寝てろ』と俳優の田中圭を封じ込める」

何もしない主人公役で役者魂が燃えた田中圭(C)ORICON NewS inc.の画像

何もしない主人公役で役者魂が燃えた田中圭(C)ORICON NewS inc.

 俳優の田中圭、女優の中谷美紀が8日、都内で行われた映画『総理の夫』(9月23日公開)の“超組閣”完成披露試写会舞台あいさつイベントに参加した。

【写真】シックな黒ドレスの中谷美紀をエスコートする田中圭

 山本周五郎賞、新田次郎文学賞受賞作家である原田マハの小説が原作。物語は、42歳・史上最年少にして初の女性総理が誕生した近い将来の日本が舞台。鳥類学者の夫は、総理となった妻を微力ながら支えようとするものの、史上初のファーストジェントルマンとして自らも担ぎ上げられてしまう。順風満帆だった夫婦生活は、結婚10年目にして激変。「政界」という未知の世界で奮闘する様が描かれる。

 巻き込まれて総理の夫となる相馬日和役だった田中は役作りについて「何もしていない」と苦笑い。「日和という男の子は何もしない。言葉は悪く聞こえるけど何もしない主人公って、なかなかいなくて、それがすごく主人公像としてうれしかった」と振り返る。だた「1つだけ後悔がある」と明かし、河合勇人監督に衣装合わせの際に台本の感想を聞かれ「やりがいとか、うれしさがあって監督に『何もしない主人公でうれしい』と言っちゃった。それがやる気ないふうに捉えられているんじゃないかとか、一瞬、変な空気になった…」と自責の念を語る。河合監督は「覚えていますけど、そんなふうには思わなかったですよ」とフォローしていた。

 ただ、何もしないことに“役者・田中圭”は勝手に動いてしまったそう。「いざ現場に入って、皆さんの面白いお芝居を受けると、日和で返そうとするけど俳優の田中圭として何か出したくなっちゃう…。何もしないと、何もしないで不安になる。お芝居できているのかな、とか。つい、二度見とか技術合戦みたいなことが一瞬でもチラつくと『寝てろ』と田中圭を封じ込める。なるべく日和でニュートラルでいられるように心がけていました」と秘めた役作りを明かしていた。

 この日は、貫地谷しほり、工藤阿須加、松井愛莉、嶋田久作、片岡愛之助、 岸部一徳、河合勇人監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ